@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岸田杜芳【きしだ とほう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岸田杜芳 きしだ-とほう
?-1788 江戸時代中期の戯作(げさく)者,狂歌師。
江戸芝神明前にすむ表具師天明のころ,歌舞伎色のこい黄表紙「通増安宅関(とおりますあたかのせき)」「仮名手本不通人蔵(ふつうじんぐら)」などをかく。狂歌万象亭(まんぞうてい)(桂川甫粲(ほさん))の連に属し,狂文を得意とした。天明8年死去。通称は豊治郎。狂号は言葉綾知(ことばの-あやち)。戯作者名は別に桜川杜芳

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岸田杜芳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岸田杜芳の関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)ラングハンスアメリカ合衆国サリエリフェデラリスツモーツァルトラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation