@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岸野次郎三郎【きしのじろさぶろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岸野次郎三郎
きしのじろさぶろう
江戸時代初期の京坂三味線方名手山本喜市と並び称せられる。元禄正徳 (1688~1716) 頃活躍。通称次 () 郎三。京都祇園町井筒の主人。宝永2 (05) 年 11月京都早雲座の立三味線。榊山小四郎父子の舞踊曲の大半作曲傾城出端に用いる『ぬめり』を作曲し,傾城の位を 17の音色に弾き分けたという逸話がある。「鳴神」のの名器を所持したともいわれる。代表作『歌占 () 』『狐火』『暮の』『こんくわい』『里景色』『猩猩』『関寺小町』『道成寺』『放下』『松風』『六段恋慕』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岸野次郎三郎 きしの-じろさぶろう
?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎三味線方,作曲家。
宝永2年(1705)京都早雲座の立三味線となり,山本喜市とならび称された。また榊山小四郎父子の舞踊曲を作曲。作品に「狐火」「古道成寺」「関寺小町」など。京都出身。通称は次郎三(じろさ)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きしのじろうさぶろう【岸野次郎三郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

岸野次郎三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岸野次郎三郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation