@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

岸駒【がんく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岸駒
がんく
[生]寛延2(1749)/宝暦6(1756).金沢
[没]天保9(1838).12.5. 京都
江戸時代後期の画家。岸派の祖。加賀金沢の商家に出生。本姓は佐伯,のち岸,名は矩 (のり) ,のち駒。字は賁然。号は蘭斎ほか。幼少より画事を好み上洛。寛政2 (1790) 年禁裡造営の際,円山応挙らと障壁画の御用をつとめ,のち朝廷に仕え,文化6 (1809) 年息子の岱 (たい) と金沢城の障壁画を描く。晩年は洛北岩倉に天開窟を構えて隠棲。天保7 (36) 年長年の功により蔵人所衆,従五位下。特定の師はなく,狩野派,南蘋派,四条派を独習。筆法の鋭い写実的描写によって,トラ,クジャクなどの動物画にすぐれる。長男の岱,養子の良,義子の連山,望月玉川白井華陽など門人が多く,四条派に対抗して岸派を形成。主要作品『自画像』,『猛虎図』 (前田育徳会) ,『孔雀図』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐く【岸駒】
[1756~1839]江戸後期の画家。岸(きし)派の祖。加賀の人。字(あざな)は賁然(ひぜん)。号は同功館・可観堂など。南蘋(なんぴん)派花鳥画を学び、円山派などの諸派を折衷し、京都画壇の中心となった。虎の図で有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岸駒 きし-こま

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岸駒 がんく
1756-1839* 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦6年生まれ。岸派の祖。はじめ狩野派を,のち沈南蘋(しん-なんぴん)や円山派などの画風をまなぶ。鳥獣,とくに虎を得意とし,独自の画風を確立した。京都御所や金沢城の障壁画を制作。天保(てんぽう)9年12月5日死去。83歳。加賀(石川県)出身。本姓は佐伯。名は駒(こま),昌明。字(あざな)は賁然(ふんぜん)。通称は雅楽助。号は華陽,蘭斎など。作品に「老梅図襖」「虎に波図屏風」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

がんく【岸駒】
1749‐1838(寛延2‐天保9)
江戸後期の画家で岸派(きしは)の祖。岸は姓,駒は名。加賀国の生れ。生年には1756年(宝暦6)説もある。師承関係は明らかでないが,80年(安永9)京都に上り,初め岸矩(きしはじめ)と称し,蘭斎と号し,後に有栖川宮に仕えて雅楽助(うたのすけ)岸駒,字を賁然と改めた。1809年(文化6)前田斉広の招きで金沢に赴き殿中の障壁画を制作した。沈南蘋(しんなんぴん)風の花鳥画と豪放な山水,人物画に独自の画風をつくり,全盛期の円山,四条の両派に対抗して一家を成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんく【岸駒】
1756~1838) 江戸後期の画家。金沢に生まれ京都で活躍。沈南蘋ちんなんぴん派・円山派などを学び、筆法の鋭い装飾的な障屛画を描いた。岸派の祖。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岸駒
がんく
(1749/56―1838)
江戸後期の画家。姓を岸、名を駒、字(あざな)を賁然(ひぜん)といい、同功館また可観堂と号する。加賀(石川県)の人。金沢の紺屋(こんや)に奉公しながら狩野(かのう)派の画を学び、1780年(安永9)京都に上って画家としてたつ。当時蘭斎(らんさい)と号して沈南蘋(しんなんぴん)風の花鳥画を描いていたが、その後、円山派などを折衷してあくの強い独自の写生的画風をつくりあげた。84年(天明4)有栖川宮(ありすがわのみや)家の侍臣となり雅楽助(うたのすけ)と称し、90年(寛政2)の禁裏造営に際し障壁画を描く。のち宮廷に仕えて1836年(天保7)には越前守(えちぜんのかみ)にまで上るほどに名利を得たが、その傲岸(ごうがん)な性格と画料に対する貪婪(どんらん)さは人々のひんしゅくを買ったといわれる。鳥獣を描くことを好み、わけても虎(とら)はその得意とするところで『虎に波図屏風(びょうぶ)』(東京国立博物館)などの作品を残している。岸(きし)派を継承した画家に岸岱(がんたい)、岸竹堂(ちくどう)がいる。[星野 鈴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

岸駒 (がんく)
生年月日:1756年3月15日
江戸時代中期;後期の画家
1839年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がんく【岸駒】
江戸後期の画家。金沢の人。岸派(きしは)の祖。号は蘭斎、虎頭館。独学で絵を習得し、一家を樹立。有栖川家、のち朝廷に仕え、越前守に進む。絵には清の沈南蘋(しんなんぴん)や円山派の影響がみられ、特に虎の絵で名高い。作品「猛虎図」「孔雀図」。宝暦六~天保九年(一七五六‐一八三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸駒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岸駒の関連情報

関連キーワード

アウィディウス・カッシウスわいせつ罪ライトヘビー級日米加漁業条約日米漁業交渉アウィディウス・カッシウスアンティオコス[4世]クマロンセレウコス4世ソテル

他サービスで検索

「岸駒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation