@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島前【どうぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島前
どうぜん
島根県隠岐諸島西部,西ノ島中ノ島知夫里島を中心とする島々総称。北東部の島後に対する。新第三紀に噴出した粗面玄武岩からなり,西ノ島の焼火山中央火山,3島を外輪山とする火山体の形をとっている。国指定名勝・天然記念物の国賀海岸知夫赤壁,国指定天然記念物のクロキヅタ産地,星神島のオオミズナギドリ繁殖地などがあり,大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どう‐ぜん〔ダウ‐〕【島前】
島根県北東部、日本海上にある隠岐(おき)諸島中、知夫里(ちぶり)島・西ノ島・中ノ島を中心とする島々の総称。島根半島の北方約50キロメートルに位置する。島後(どうご)水道を経て対する島後と合わせ隠岐諸島という。養殖漁業と観光開発が進んでいる。大山(だいせん)隠岐国立公園に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうぜん【島前】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

島前
どうぜん

島根県北東部、隠岐(おき)諸島南西部にある西ノ島、中ノ島、知夫里(ちぶり)島などの総称。隠岐郡西ノ島町、海士(あま)町、知夫村からなる。主として第三紀の粗面玄武岩からなる200メートル前後の丘陵と台地で、わずかに粗面岩が貫いている。島前全体が西ノ島の焼火(たくひ)山(452メートル)を中央火口丘とする外輪山とされている。三島は環状に連なり、カルデラにあたる内海を抱き、知夫里島と中ノ島間に大口(おおくち)、知夫里島と西ノ島間に赤灘(あかなだ)瀬戸、中ノ島と西ノ島間に中井口の海峡があって外洋に通じている。外洋側は断層や海食による断崖(だんがい)が続き、国賀(くにが)海岸(西ノ島)、知夫赤壁(ちぶのせきへき)(知夫里島)などの景勝地があり、全域が大山(だいせん)隠岐国立公園に属す。

[飯田 光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation