@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島後【どうご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島後
どうご
島根県北東部隠岐諸島中最大の島。西部島前に対する。隠岐の島町西郷地区,五箇地区,都万地区,布施地区からなる。片麻岩花崗岩を貫いて噴出した安山岩玄武岩流紋岩などからなり,東部の大満寺山は溶岩円頂丘鐘状火山),西部台地の大半はメサ南西の油井ノ池はマール海岸地形景勝地が多く大山隠岐国立公園に属し,海域浄土ヶ浦海域公園地区代海域公園地区に指定されている。七類,境港(鳥取県)から定期船の便があり,南端隠岐空港と出雲空港(島根県),大阪国際空港(兵庫県,大阪府)を結ぶ空路がある。面積 241.6km2。人口 1万7799(2003)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どう‐ご〔ダウ‐〕【島後】
島根県北東部、日本海上にある隠岐(おき)諸島中最大の島。島根半島北方約70キロメートルに位置し、ほぼ円形の島で面積242平方キロメートル。沖合漁業根拠地浄土ヶ浦・白島(しらしま)海岸などの景勝地が多い。島後水道を経て島前(どうぜん)に対する。大山(だいせん)隠岐国立公園に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうご【島後】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

島後
どうご

島根県北部、隠岐(おき)諸島東部にある諸島中最大の島。面積242.97平方キロメートル。隠岐の島町に属する。大満寺(だいまんじ)山(608メートル)を中心とする山地は起伏が大きく、片麻(へんま)岩類や第三紀層下部、安山岩類、アルカリ流紋岩類・玄武岩類の3種の火山体が重なりあっている。更新世(洪積世)の地殻変動で日本海に地塁として残ったものである。海岸部にそそり立つ岩壁は日本海の風波に侵食されて多彩な景観をつくり、全島が大山(だいせん)隠岐国立公園域にある。人口1万6099(2009)。

[飯田 光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島後」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島後の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation