@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島根【しまね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島根
しまね
島根県東部松江市北部の旧町域。島根半島北岸にあり,日本海に臨む。 1956年大芦村,加賀村,野波村の3村が合体して島根村となり,1969年町制。 2005年松江市,鹿島町,美保関町,八雲村,玉湯町,宍道町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。経済の中心は漁業で,瀬崎,野井のブリ定置網とワカメ採取が有名。山地が海に迫り耕地は段畑が多く,ブドウ栽培も行なわれる。海岸には加賀潜戸 (かがのくけど。国の名勝・天然記念物) ,多古の七ツ穴,築島の岩脈 (ともに国指定天然記念物) などの景勝地がある。海岸一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しま‐ね【島根】
《「ね」は接尾語》島。島国。
「岩が根の荒き―に宿りする君」〈・三六八八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しまね【島根】[地名]
中国地方中央部の日本海に面する。もとの出雲(いずも)石見(いわみ)隠岐(おき)の3国を占める。県庁所在地松江市。人口71.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

島根
しまね

島根県北東部、八束郡(やつかぐん)にあった旧町名(島根町(ちょう))。現在は松江市の北部を占める地域。島根半島北岸に位置する。1956年(昭和31)加賀(かか)、大芦(おあし)、野波(のなみ)の3村が合併して島根村成立。1969年町制施行。2005年(平成17)松江市に合併した。北部は北山山系が日本海に迫り、各地に海食崖(がい)、海食洞を形成し、加賀ノ潜戸(かがのくけど)(国名勝・天然記念物)などの景勝地があり、大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部をなす。野波には後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐脱出のとき立ち寄ったという伝説がある。中心の加賀は西廻(にしまわり)船の風待ち港、また松江藩港として繁栄した半農半漁の町。海岸には海水浴場が点在する。

[江村幹雄]

『関西学院大学地理研究会編『島根町』(1974)』『『島根町誌』2巻(1981、1987・島根町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しまね【島根】
[一] 島根県北東部の旧郡名。八束水臣津野命(やつかみずおみつののみこと)の命名と伝えられるが、由来についての伝承はない。出雲(いずも)国北部、島根半島の東部にあたり、明治二九年(一八九六)八束郡に含められた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation