@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島津斉宣【しまづ なりのぶ】

美術人名辞典

島津斉宣
第二十六代鹿児島藩主。初名虎寿丸・又三郎は渓山。重豪の長男。豊後守・薩摩守・従四位上左近衛中将を務める。天保12年(1841)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

島津斉宣 しまづ-なりのぶ
1774*-1841 江戸時代後期の大名。
安永2年12月6日生まれ。島津重豪(しげひで)の長男。天明7年(1787)15歳で薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家9代となる。文化4年樺山主税(かばやま-ちから),秩父太郎を家老に起用し,人事一新,藩校改革,前代の政策廃止など緊縮政策をすすめる。重豪の怒りをかい,近臣を大量処分され(近思録崩れ),6年隠居させられた。天保(てんぽう)12年10月13日死去。69歳。初名は忠尭(ただたか)。通称は又三郎。号は渓山。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しまづなりのぶ【島津斉宣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

島津斉宣 (しまづなりのぶ)
生年月日:1773年12月6日
江戸時代後期の大名
1841年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津斉宣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島津斉宣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation