@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島津斉興【しまづ なりおき】

美術人名辞典

島津斉興
鹿児島藩主。通称忠温・虎寿丸・憲之助・又三郎、号は渓山・此君庵等。斉宣の長男財政改革に着手し砂糖専売法の実施等で功績をあげる。また海岸警備の為、大砲小銃の製造に着手し軍役方を設け武備の充実を計った。大隅守・正四位上宰相等を経て右近衛中将となる。茶礼を能くした。安政6年(1859)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

島津斉興 しまづ-なりおき
1791-1859 江戸時代後期の大名。
寛政3年11月6日生まれ。島津斉宣(なりのぶ)の長男。文化6年(1809)薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家10代となり,祖父重豪(しげひで)の後見をうける。調所広郷(ずしょ-ひろさと)を起用して巨額の藩債を整理し,洋式兵制を採用するなど,雄藩としての基盤をつくる。後継をめぐってお家騒動(お由羅騒動)をまねき,幕府の介入によって嘉永(かえい)4年長男斉彬(なりあきら)に家督をゆずった。安政6年9月12日死去。69歳。初名は忠温。通称は又三郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しまづなりおき【島津斉興】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

島津斉興 (しまづなりおき)
生年月日:1791年11月6日
江戸時代末期の大名
1859年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津斉興」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島津斉興の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation