@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島津氏【しまづうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島津氏
しまづうじ
鎌倉時代以来の南九州の武家。惟宗忠久が近衛家領島津荘下司職に補任されたのに始る。忠久の出自は諸説あって不明。鎌倉幕府の成立で,御家人となり,島津荘地頭職ならびに薩摩大隅,日向の南九州3ヵ国の守護職に補任されたが,まもなく,大隅,日向の所領,守護職を没収された。薩摩では,従来の在地領主 (小地頭) と争って次第に支配権を強化。その間,北陸に越前島津氏,若狭島津氏,国内には山田氏,伊作氏,伊集院氏など有力庶家が生れ,次第にそれぞれ独立していく。南北朝時代,貞久,師久,氏久の代に,肝付氏など在地の反武家勢力の強い抵抗にあい,また畠山直顕,今川了俊など諸権力と国人支配,守護職をめぐる争奪戦を演じるが,南九州一円で着実に大名化の道をたどる。南北朝合一後,元久のとき南九州3ヵ国守護職を回復。その後,各地で領主化した有力一族との激しい相克の末,貴久は大隅,薩摩両国を統一して戦国大名地歩を固めていった。ヨーロッパ人の来航,鉄砲,キリスト教の伝来もこのときである。その子義久は,北進して大友氏龍造寺氏を圧迫し,九州随一の大名となった。天正 15 (1587) 年,豊臣秀吉の進攻降伏したが,3ヵ国の旧領は安堵された。関ヶ原の戦いには豊臣方に属したが許され,77万石という外様大名屈指の雄藩となった。藩内には,一門家 (加治木家,垂水家など) と称される有力な支族があった。また,幕末には討幕運動の志士を家臣から出し,結局,藩も長州藩とともに討幕の中心勢力となった。明治維新後,本家は公爵となり,明治,大正には政財界に重きをなした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しまづうじ【島津氏】
鎌倉時代から江戸時代まで南九州を領有した有力な大名。惟宗姓。のち藤原姓から源姓を名のるに至る。系図では初代忠久を源頼朝庶子,惟宗広言養子とするが,近衛家家司惟宗氏の出で京都から鎌倉に移り頼朝より厚遇をうけたものであろう。1185年(文治1)島津荘下司となり,翌年地頭に補任され,97年(建久8)には薩摩・大隅両国の家人奉行人(守護)に任命された。日向国についても同様であったらしい。1203年(建仁3)比企氏の乱で三国の守護・地頭職を失ったが,薩摩分のみはまもなく回復した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

島津氏
しまづし
平安末期以来の雄族で,中世南九州の守護大名,のち薩摩藩主
鎌倉時代,源頼朝の御家人として,島津庄地頭,薩摩国守護を世襲。室町時代には薩摩・大隅・日向3国の守護となる。戦国時代,貴久のとき,薩摩・大隅の2国を統一して戦国大名としての地歩を固め,鹿児島居城。その子義久はさらに九州を平定し,大友・竜造寺氏を圧倒した。1587(天正15)年豊臣秀吉に降伏,薩摩・大隅・日向の旧領を安堵された。江戸時代には77万石の外様大名。後期に重豪 (しげひで) ,幕末斉彬 (なりあきら) ・久光らが出,指導勢力となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島津氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation