@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

島津義弘【しまづよしひろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島津義弘
しまづよしひろ
[生]天文4(1535).鹿児島
[没]元和5(1619).7.21. 大隅,加治木
安土桃山,江戸時代初期の武将。貴久の次男。義久の弟。初名は忠平,のち義珍。号は維新。真幸院飯野に城を構え,日向で伊東,大友氏を破った。天正 15 (1587) 年豊臣秀吉の九州征伐後,義久の跡を継ぎ,薩摩,大隅両国の支配を安堵された。文禄・慶長の役では,特に慶長3 (98) 年の泗川の戦いがあった。関ヶ原戦いには最後まで豊臣方として活躍したが,敗北後も許され,本領は安堵された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しまづ‐よしひろ【島津義弘】
[1535~1619]安土桃山時代武将薩摩(さつま)の人。法号、惟新(いしん)。義久とともに九州全土を統一文禄の役慶長の役で功をあげ、関ヶ原の戦いでは西軍につき、敗退。帰国して隠居した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

島津義弘 しまづ-よしひろ
1535-1619 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)4年7月23日生まれ。島津貴久(たかひさ)の次男。島津氏17代。兄義久とともに九州をほぼ平定。天正(てんしょう)15年(1587)豊臣秀吉に敗れたが,大隅(おおすみ)領有はゆるされる。文禄(ぶんろく)・慶長の役で朝鮮に出陣,泗川(しせん)の戦いで明(みん)(中国)の大軍を破る。関ケ原の戦いでは西軍に属し,敵中を縦断して退却した。元和(げんな)5年7月21日死去。85歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。初名は忠平,義珍(よしまさ)。通称は又四郎。号は惟新。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しまづよしひろ【島津義弘】
1535‐1619(天文4‐元和5)
戦国時代の武将。戦国大名島津貴久の次男。初め忠平,号は惟新。法名松齢。1554年(天文23)大隅岩剣(いわつるぎ)城攻めの初陣以後,もっぱら島津氏戦国領国拡大合戦の前線にあり,朝鮮泗川の戦,関ヶ原の戦での敵中突破など多数の武功がある。近世島津藩では兄義久のあとを襲い1587年(天正15)より島津家17代の家督にあったとされている。朝鮮より陶工を連れ帰り薩摩焼を生み出した。【三木

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

島津義弘
しまづよしひろ
(1535―1619)

戦国時代~江戸初期の武将。天文(てんぶん)4年7月23日生まれ。父は島津貴久(たかひさ)。義久(よしひさ)の弟。1554年(天文23)蒲生(かもう)氏との合戦に初陣し軍功、大隅(おおすみ)岩剣(いわつるぎ)城の城番となり、続いて日向(ひゅうが)飫肥(おび)城、飯野(いいの)城と前線の城番をした。三山(さんのやま)城攻め、馬越(まごし)城攻め、本地原(ほんちばる)合戦、1572年(元亀3)の木崎原(きざきばる)合戦などで活躍し、九州征覇の合戦でも高(たか)城で大友軍を壊滅させ(耳川の戦い)、水俣(みなまた)城、岡(おか)城、堀切城攻めで連戦連勝したが、1587年(天正15)豊臣(とよとみ)秀吉に敗れ、降伏し大隅国を安堵(あんど)された。文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役で泗川(しせん)合戦の軍功があり、関ヶ原の戦いでは西軍にくみし敗れたが、敵陣縦断突破で知られている。1587年に兄義久の後を受け家督を継いだとされているが、史料では家督を継いでいない。敵味方戦没者の六地蔵塔の建設、朝鮮からの陶工の招来、千利休(せんのりきゅう)からの茶道伝授でも有名。生涯52回の軍功という猛将。元和(げんな)5年7月21日没。85歳。墓は鹿児島市の福昌寺(ふくしょうじ)墓地にある。

[三木 靖]

『三木靖編『島津義弘のすべて』(1986・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

島津義弘 (しまづよしひろ)
生年月日:1535年7月23日
安土桃山時代;江戸時代前期の大名
1619年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しまづ‐よしひろ【島津義弘】
安土桃山・江戸初期の武将。貴久(たかひさ)の二男。初名は忠平。号は惟新。兄義久をたすけて、九州全域をその勢威下においたが、豊臣秀吉に降伏。文祿・慶長の役に従軍して功を立てる。関ケ原の戦いでは西軍に属して勇戦した。天文四~元和五年(一五三五‐一六一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

島津義弘
しまづよしひろ
1535〜1619
安土桃山〜江戸時代初期の武将・外様大名
島津貴久の2男。兄の義久とともにほとんど九州全域に勢力を拡大。1587年豊臣秀吉に降ったのち,義久に代わり島津家当主となった。文禄・慶長の役に活躍し,関ケ原の戦いでは西軍に属したが,敗北後も所領を安堵された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津義弘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島津義弘の関連情報

関連キーワード

松平清康スフォルツァ家ヨアヒム1世大垣城風越山丹羽長秀ボリビア多民族国モア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation