@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

崇伝【すうでん】

美術人名辞典

崇伝
江戸金地院開祖徳川家康敬愛を受けて諸寺を管理し、公武諸法度をなす。寛永10年(1633)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

すうでん【崇伝】
[1569~1633]江戸初期の臨済宗(あざな)は以心。徳川家康に招かれて駿府(すんぷ)に金地院(こんちいん)を建て、政治外交に深くかかわり黒衣宰相と称された。諡号は円照本光国師本光国師日記」など。金地院崇伝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すうでん【崇伝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すうでん【崇伝】
1569~1633 江戸初期の臨済宗の僧。字あざなは以心。勅号は円照本光国師。一色秀勝の子。南禅寺の玄圃に師事し、のち同寺住持として金地院に住した。徳川家康以下三代の将軍の信任を得て僧録司となり、宗教行政・外交に従事、諸法度の制定にも参画した。著「異国日記」「本光国師日記」など。金地院崇伝。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

崇伝
すうでん
[生]永禄12(1569).京都
[没]寛永10(1633).1.20. 江戸
江戸時代初期の臨済宗の僧。字は以心。生前の諡号を円照本光国師という。一色秀勝の子。南禅寺の玄圃に師事し,のち鎌倉禅興寺,金地院 (こんちいん) ,建長寺などに住んで,豊臣秀吉の朝鮮出兵の際は名護屋で外交にあたった。慶長 10 (1605) 年 37歳のとき南禅寺再興に尽力。その後,徳川家康に信任されて同 13年駿府に招かれ外交事務にあたり,政治面に大いに腕をふるって「黒衣の宰相」といわれた。元和5 (19) 年9月僧録司となり,江戸にも金地院を建てて住んだ。3代の将軍に仕えて,寺院関係の事務を司るほか,公家,武家,寺院に関する諸法度の起草にもあたった。また古書の謄写,収集,翻刻など文教の興隆,朝幕関係の交渉などに尽力した。寛永3 (26) 年 10月,後水尾天皇から円照本光国師の号を賜わった。『本光国師日記』『異国日記』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すうでん【崇伝】
安土桃山・江戸初期の臨済宗の僧。字(あざな)は以心、勅号は円照本光国師。金地院崇伝と称される。金地院はその開創寺院。豊臣秀吉、徳川家康の政治、外交に深くたずさわり、江戸幕府の諸法度の制定に尽力した。著に「本光国師日記」「異国日記」など。永祿一二~寛永一〇年(一五六九‐一六三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

崇伝
すうでん
1569〜1633
江戸初期の臨済宗の禅僧
字 (あざな) は以心。京都の人で,南禅寺再興に尽力し同寺の長老となり,金地院に住した。金地院 (こんちいん) 崇伝ともいう。1608年徳川家康に仕え,外交および寺社行政を管掌諸宗寺院法度禁中並公家諸法度武家諸法度を起草し,政治的にも活躍,「黒衣の宰相」といわれたが,家康死後は権力を失った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

崇伝 すうでん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

崇伝
すうでん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇伝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崇伝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation