@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

崇光天皇【すこうてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

崇光天皇
すこうてんのう
[生]建武1(1334).4.22. 京都
[没]応永5(1398).1.13. 京都
北朝第3代の天皇 (在位 1349~51) 。名は興仁 (おきひと) 。光厳天皇皇子,母は正親町公秀の娘,陽禄門院藤原秀子。正平3=貞和4 (48) 年譲位を受けて翌年即位した。その頃足利方は内輪もめが激しく,足利直義は,兄尊氏と不和で南朝にくだったので,正平6=観応2 (51) 年尊氏,義詮は,やむなく南朝と和睦し,南朝の後村上天皇に降参した。そのため崇光天皇は退位し,太上天皇の尊号を受けた。正平 12=延文2 (57) 年,賀名生から京都に帰って伏見殿に住し,元中9=明徳3 (92) 年出家した。陵墓は京都市伏見区桃山町泰長老の大光明寺陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すこう‐てんのう〔スクワウテンワウ〕【崇光天皇】
[1334~1398]北朝第3代の天皇。在位1348~1351。光厳天皇の第1皇子。名は興仁(おきひと)。足利尊氏(あしかがたかうじ)南朝にくだったため廃位。のち、南朝方に捕らえられて賀名生(あのう)に移され、さらに帰京して出家。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

崇光天皇 すこうてんのう
1334-1398 南北朝時代,北朝第3代天皇。在位1348-51。
建武(けんむ)元年4月22日生まれ。光厳(こうごん)天皇の第1皇子。母は藤原秀子(陽禄門院)。光明(こうみょう)天皇のあと即位。室町幕府内で足利尊氏・直義(ただよし)兄弟があらそい,尊氏が南朝にくみして北朝の天皇,皇太子を廃した(正平(しょうへい)一統)ため,在位3年で廃位され太上天皇の尊号をうけた。光厳・光明両上皇とともに,一時南朝側に身柄をうつされたが,のち解放されて京都にもどる。明徳3年出家。応永5年1月13日死去。65歳。墓所は大光明寺陵(だいこうみょうじのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は益仁(ますひと),興仁(おきひと)。法名は勝円心。別名に伏見殿。日記に「崇光院御記」。
【格言など】鈴鹿川八十瀬の波の立居にも我が身の為の世をば祈らず(「新千載和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すこうてんのう【崇光天皇】
1334‐98(建武1‐応永5)
北朝第3代天皇。在位1348‐51年。光厳天皇第1皇子。名は初め益仁,後に興仁と改めた。母は陽禄門院三条秀子。1338年(延元3∥暦応1)立太子,48年(正平3∥貞和4)受禅,翌年即位式を挙げたが,51年(正平6∥観応2)足利氏内紛により尊氏が南朝に一時降伏したため(正平一統)北朝は廃され,その翌年光厳・光明両上皇とともに吉野の賀名生に,後に河内天野山金剛寺に移された。57年(正平12∥延文2)還京,伏見に住んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すこうてんのう【崇光天皇】
1334~1398 北朝第三代天皇(在位1348~1351)。名は興仁おきひと。光厳天皇第一皇子。在位四年。1352年以後六年間、南朝方のため賀名生あのうに幽居。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

崇光天皇
すこうてんのう
(1334―1398)
北朝第3代天皇(在位1348~51)。名は興仁(おきひと)、益仁(ますひと)、伏見(ふしみ)殿。光厳(こうごん)天皇の第1皇子。母は陽禄門院藤原秀子(父正親町公秀(おおぎまちきんひで))。1338年(暦応1)8月立太子、48年(貞和4)10月践祚(せんそ)、翌年12月即位した。51年(観応2)足利(あしかが)一門の内紛に伴い南北の一時的和議がなると、南朝の後村上(ごむらかみ)天皇が京都に迎えられ、崇光天皇は廃位され、太上天皇の尊号を受けた。翌年北畠顕能(きたばたけあきよし)らの南軍により、光厳、光明(こうみょう)両上皇とともに賀名生(あのう)(奈良県吉野郡)に移された。57年(延文2)京都に帰り伏見殿に住し、92年(明徳3)出家した。陵墓は京都市伏見区桃山の大光明寺陵。[小野信二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

崇光天皇 (すこうてんのう)
生年月日:1334年4月22日
南北朝時代の北朝第3代の天皇
1398年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すこう‐てんのう スクヮウテンワウ【崇光天皇】
北朝第三代の天皇。光厳天皇の第一皇子。母は正親町(おおぎまち)公秀の娘陽祿門院藤原秀子。名は興仁。貞和四=正平三年(一三四八)践祚(せんそ)、翌年即位。南北朝の抗争により在位三年で廃位された。のち出家。法名勝円心。建武元~応永五年(一三三四‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇光天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崇光天皇の関連情報

関連キーワード

建武ヨハネス大仏高直長崎高貞建武林城アビニョン教皇庁元弘建武年中行事ジョットの鐘楼

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation