@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

崇禎帝【すうていてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

崇禎帝
すうていてい
Chong-zhen-di; Ch`ung-chên-ti
[生]万暦38(1610)
[没]崇禎17(1644)
中国,の第17代,最後の皇帝在位 1627~44)。名は由検。廟号毅宗。泰昌帝の第5子,天啓帝の弟。即位するや魏忠賢以下の前代奸臣殺し徐光啓を用いて内政改革をはかったが,廷党争が激しく十分な成果のないまま,外からは清朝の攻撃を受け,内には李自成らの農民反乱(→李自成の乱)が起こり,国運衰微した。崇禎17(1644)年李自成が北京に迫ったが,勤王の兵も集まらず,万歳山に縊死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すうてい‐てい【崇禎帝】
[1610~1644]中国、朝第17代、最後の皇帝。在位1628~1644。廟号(びょうごう)は毅宗(きそう)。旧権力を一掃し、徐光啓を用いて改革に努めたが、財政難、内乱続発に苦しんだ。李自成の北京攻略の時に自殺し、明は滅亡した。荘烈帝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すうていてい【崇禎帝 Chóng zhēn dì】
1610‐44
中国,明の第17代最後の皇帝。在位1628‐44年。姓名は朱由検。廟号は毅宗,荘烈帝ともいう。泰昌帝の第5子で,天啓帝の弟。1622年(天啓2)信王に封じられ,28年即位した。生れつき英明で,宦官魏忠賢ら前代の奸臣を誅殺し,名臣徐光啓を用いて内政の改革をはかった。しかし諸臣は前代以来の東林,非東林(東林党)の派閥を組み,内には党争が絶えず,外からは清の圧力がますます加わった。これに対処するために万暦の遼餉(りようしよう)に加えて勦餉(そうしよう),練餉など多額の田土付加税を新設したが,徴収は思うにまかせず軍費はかさむ一方であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

崇禎帝
すうていてい
(1610―1644)

中国、明(みん)の第17代皇帝(在位1628~44)。姓名は朱由検。諡(おくりな)は荘烈愍(そうれつみん)皇帝。廟号(びょうごう)は毅宗(きそう)。14代皇帝万暦帝(ばんれきてい)の孫。15代泰昌帝(たいしょうてい)の第5子。16代天啓帝の弟。母は賢妃劉(りゅう)氏。1622年信王に封ぜられ、28年即位。帝は英明で声色を近づけず、衰運の明朝を復興する熱意を示し、前代の奸臣(かんしん)の魏忠賢(ぎちゅうけん)以下を殺し、弾圧されていた東林系の正義派官僚を釈放し、韓(かんこう)、劉鴻訓(りゅうこうくん)、銭龍錫(せんりゅうしゃく)などを入閣させた。また、キリスト教徒で水利や綿作など農政に通じた徐光啓を用いて財政再建を図った。施策にはみるべきものがあり、一時太平を期待させたが、なお内には万暦朝以来の党争の余派が残って官僚間に統一がなく、外には将卒ともに腐敗して軍事力も弱体化していた。当時、成長しつつあった満州(清(しん))の勢力には、なお十分に対応しえたが、戦費の膨張は万暦の遼餉(りょうしょう)に加えて、勦餉(そうしょう)、練餉(れんしょう)のいわゆる三餉となって納税負担者を苦しめた。明末無藝(むげい)の徴といわれるところである。加えて干魃(かんばつ)、水害など自然災害が相次ぎ、深刻な飢饉(ききん)となり、都市の暴動や農村の反乱が起こった。ことに陝西(せんせい)から起こった李自成(りじせい)の農民軍は軍規も厳格で、「貴賤(きせん)にかかわらず田を均(ひと)しくし、三年間の徴税を免じ、百姓を殺さぬ」という民生安定策が民心を集め、急速に成長して、ついに都北京(ペキン)を攻略した。帝は皇子を落ち延びさせ、皇女を斬(き)り、都の背後の煤山(ばいざん)(万歳山)で首をつった。1644年3月18日であった。

[川勝 守]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すうてい‐てい【崇禎帝】
中国、明朝最後(第一七代)の皇帝(在位一六二八‐四四)。姓名は朱由検。廟号は毅宗。第一六代天啓帝の弟。徐光啓を用いて政治の改革をはかったが、内憂外患があいつぎ、李自成の北京侵入のとき自殺、明は滅びた。荘烈帝。(一六一〇‐四四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

崇禎帝
すうていてい
1610〜44
明朝第17代,最後の皇帝,毅宗 (きそう) (在位1627〜44)。荘烈帝ともいう
宦官 (かんがん) 魏忠賢 (ぎちゆうけん) を退け,徐光啓を用いて内政を改革したが,清と戦って軍費は増大し,飢饉による社会不安も広まった。陝西で挙兵した反乱軍の李自成に北京を攻略され,悲劇的な遺書をのこして死 (いし) 。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇禎帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崇禎帝の関連情報

関連キーワード

アンリ4世ガリレイアンリ(4世)ガリレイアンリガリレイル・ナン[兄弟]リッチ尼子義久アンリ[4世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation