@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

崑山【こんざん】

世界大百科事典 第2版

こんざん【崑山 Kūn shān】
中国,江蘇省南東部の。人口58万(1994)。上海と蘇州のほぼ中間にある。この付近は長江(揚子江)下流デルタにおいて,歴史時代には陸化がすすんでいた地域で,春秋時代には蘇州を都とした領域に属し,前にすでに婁県(ろうけん)が設置された。デルタの先端部が開発されるとともに城鎮の設置もすすみ,南朝の梁代には蘇州の東方は北の信義県と南の崑山県に分かれた。崑山は今の松江県にある山の名である。唐代,さらに城鎮が増加するなかで,崑山の名はもとの婁県の地に移り,今に至る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こん‐ざん【崑山】
[一] 中国、江蘇省の県の一つ。蘇州市の東方にあり、春秋時代は呉に属し、梁代に北の信義県と南の崑山県に二分された。水陸交通の要地。
[二] (一)の地にある馬鞍山(玉峰山)の異称。
[三] 中国伝説上の崑崙山(こんろんざん)の略称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こん‐ざん【崑山】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崑山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崑山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation