@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

崑崙【コンロン】

デジタル大辞泉

こんろん【崑崙】
中国古代の伝説上の山。中国西方に位置し、黄河と考えられた。崑山
崑崙山脈」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんろん【崑崙】
[一] 中国の伝説的地名。黄河の源であり、玉(ぎょく)を産出し、不死の仙女、西王母の住むという西方の楽土。漢の武帝の時には于闐(ホータン)で玉がとれることから、于闐の山を崑崙にあてていた。
[三] 中国、三国時代以後、アンナン、カンボジア、マライ半島など、南海地方の呼び名。
[四] 島の名。インドシナ半島の南沖合にあるコンドル島に対する元・明時代の呼称。全島岩石の山で、古来、航海者の目標とされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

崑崙
こんろん
①中国の伝説による神仙西王母など)の住む想像上の高山
②ヒマラヤ・テンシャン(天山)両山脈の間を西走し,パミール高原に至る大山脈
西方にあり,玉の産地といわれた。
前漢の武帝のとき,張騫 (ちようけん) がホータン川の上流を踏査して玉の産地を確認し,その地方の山脈を崑崙(クンルン)と名づけたことに由来する。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崑崙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崑崙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation