@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【がい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


がい
scarp
地表の高度が急変する部分の急斜面。高度変化が内的営力によって生じる場合には,断層運動の結果直接つくられる断層崖,撓曲運動によってつくられる撓曲崖 (たわみ崖) などがある。外的営力によるものは,おもに浸食崖で,断層線両側岩石硬軟による差別浸食でつくられる断層線崖,氷食作用による氷食崖,海食作用による海食崖,河食作用による河食崖などがある。段丘崖は海食崖または河食崖に相当。溶岩流末端に生じる崖もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がい【崖】[漢字項目]
常用漢字] [音]ガイ(漢) [訓]がけ
切り立ったがけ。「懸崖絶崖断崖
[補説]「崕」は異体字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がけ【崖/×厓】
山腹や川岸海岸などの、険しく切り立った所。きりぎし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まま【崖】
急な傾斜地。がけ。また、のくずれた所などもいう。
「足柄(あしがり)の―の小菅(こすげ)の菅枕あぜか巻かさむ児ろせ手枕(たまくら)」〈・三三六九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がけ【崖】
〘名〙 山や岸などが険しくそばだっている所。きりぎし。
※春のみやまぢ(1280)一一月一八日「せばき道の片かたはがけにて、海みおろさるれば」
※虎明本狂言・文山立(室町末‐近世初)「こちはかけじゃ、いや、こちはいばらぐろじゃ、いたひほどに、じんじゃうに、まん中ではたさう」
[語誌]「かけじ」「かけみち」などの「かけ」が一語化したものであろう。「日葡辞書」にも「Caqe(カケ)」とあり、古くは「かけ」で、近世以降「がけ」と濁音となったと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほき【崖】
〘名〙 山腹の険しい所。がけ。
※山家集(12C後)下「危うさに人目ぞつねによがれける岩の角踏むほきのかけ道」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まま【崖】
〘名〙 急な傾斜地。崖(がけ)。また、畦畔(けいはん)の大きいもの、堤のくずれた所、水辺の窪地などをもいう。あず。
※万葉(8C後)一四・三三六九「足柄(あしがり)の麻万(ママ)の小菅の菅枕阿故(あぜ)か巻かさむ児ろせ手枕(たまくら)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation