@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嵯峨本【さがぼん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

嵯峨本
さがぼん
江戸時代初期,慶長 10 (1605) 年頃~慶長末頃に,京都嵯峨で出版された版本。本阿弥光悦を中心とし,門下角倉 (すみのくら) 素庵らの協力によって成ったため,光悦本角倉本とも呼ぶ。木活字本が多いが,木版整版刷もあり,版下を光悦が書き,本文,表紙には色紙を用い,雲母 (きらら) の模様を出すなど,日本の印刷文化史上最も美術的な版本として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さが‐ぼん【××峨本】
慶長・元和(1596~1624)にかけて、京都の嵯峨で本阿弥光悦・角倉素庵(すみのくらそあん)らが刊行した版本。主に木活字を用い、用紙装丁に豪華な意匠を施した美本で、「伊勢物語」「観世流謡本」など13点が現存する。光悦本。角倉本。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さがぼん【嵯峨本】
江戸時代の初め,慶長13年(1608)から元和年間(1615‐24)にかけ,洛西(京都西部)嵯峨の素封家角倉(すみのくら)素庵(光昌)が,寛永の三筆の一人本阿弥(ほんあみ)光悦の協力をうけて版行した私刊本の総称。開版者の名を冠して〈角倉本〉ともいい,版下が光悦の自筆またはその門流の手になるところから〈光悦本〉とも呼ぶ。まれには木版整版刷のものもあるが,大部分はひらがな交りの木活字本(古活字版)で,版式および装丁において,ほとんどその類を見ぬ特徴を有した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さがぼん【嵯峨本】
近世初頭、京都の嵯峨で本阿弥光悦やその門下の角倉すみのくら素庵が刊行した木活字の豪華本。ほとんどが伊勢物語・徒然草・方丈記・百人一首・観世流謡曲など国文学作品で、用紙や装丁には美しいデザインと工夫がこらされている。角倉本。光悦本。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

嵯峨本
さがぼん
慶長(けいちょう)年間(1596~1615)後半期、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)およびその門流が、京都の嵯峨で、主として木活字を用いて出版した書物。出版地にちなみ嵯峨本と称するが、とくに光悦自ら版下を書いたものを「光悦本」という。嵯峨本は料紙・装丁などに豪華な美術的意匠を施した、わが国出版史上もっとも美しい書物として知られるが、流麗な平仮名交じりの木活字で印刷された一連の書物は、それまで写本でのみ伝えられてきた『伊勢(いせ)物語』『源氏小鏡(こかがみ)』『観世流謡本(かんぜりゅううたいぼん)』などで、ほとんどがわが国における重要な古典である。校訂作業も古典学者中院通勝(なかのいんみちかつ)らがあたったのですこぶる精密で、テキストとしての学術的価値はきわめて高い。[金子和正]
『和田維四郎著・刊『嵯峨本考』(1916) ▽川瀬一馬著『嵯峨本図考』(1932・一誠堂書店) ▽表章・江島伊兵衛編『図説光悦謡本 解説篇』(1970・有秀堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さが‐ぼん【嵯峨本】
〘名〙
① 近世初頭、角倉素庵と本阿彌光悦が印行した、木活字による書籍の総称。素庵が京都洛西嵯峨に住んだのでこの名がある。二人の名にちなんで「光悦本」とも「角倉本」とも呼ぶ。
※大和事始(1683)四「角倉(すみのくら)与市、太秦(うづまさ)の僧に、史記、及、謡(うたひ)の本を開板(かいはん)せしむ。嵯峨本(サガホン)と云、是也」
② 五山版の一つ。中世、京都嵯峨の臨川寺で出版された書物。宋版、元版の漢籍や語録の復刻が多い。嵯峨版。
※蔭凉軒日録‐永享七年(1435)一〇月一一日「法華経、嵯峨本開板賃之事、被相訊

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

嵯峨本
さがぼん
江戸初期,本阿弥光悦らによって京都の嵯峨で出版された豪華本
光悦みずから版下を書き,料紙や装丁に美術的な意匠をこらしたもの。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵯峨本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嵯峨本の関連情報

関連キーワード

レオ11世フョードル2世アクバル慶長の大地震ボリス=ゴドノフグスマン徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation