@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川中島の戦【かわなかじまのたたかい】

世界大百科事典 第2版

かわなかじまのたたかい【川中島の戦】
戦国期に甲斐武田信玄と越後の上杉謙信とが,北信濃の領有をめぐって,信濃国水内郡川中島で1553年(天文22)から64年(永禄7)の長期にわたって,数度対戦した合戦総称。まず武田信玄が信濃の旧族である小笠原氏や村上氏,高梨氏らを信濃に攻め,敗れた村上義清らが越後の長尾景虎(上杉謙信)に救援を求めたことから両者の戦いが始まった。 信玄は中南信地域を手中にし,北信からさらに越後をもねらっていた。謙信は,関東管領職に就任したことから頻繁に関東へ出兵していたが,北信への信玄の進出に直面し,それを阻止するために1553年に初めて信濃へ出兵し,両者の対戦が始まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

川中島の戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川中島の戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation