@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川崎財閥【かわさきざいばつ】

大辞林 第三版

かわさきざいばつ【川崎財閥】
明治期、川崎正蔵が川崎造船所を中心として築いた財閥。軍事工業を中心に発展した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわさきざいばつ【川崎財閥】
川崎財閥と称されるものには,川崎銀行を中心とするものと川崎造船所を中心とするものの二つがあるが,一般には前者をさす。(1)川崎(金融)財閥 銀行,保険,信託とする東京の財閥。水戸藩の御用達金融業者であった川崎八右衛門は,1874年に東京で川崎組を設立して官庁の為替業務を扱った。80年銀行条例の発布により川崎銀行となる。1906年に持株会社,定徳合資会社(資本金300万円)を設立し,千歳商会と共済会がこれを助けて傘下事業を轄し,07年2代目八右衛門が後をついだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

川崎財閥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川崎財閥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation