@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川崎造船所【かわさきぞうせんじょ】

世界大百科事典 第2版

かわさきぞうせんじょ【川崎造船所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

川崎造船所
かわさきぞうせんじょ
三菱(みつびし)造船所と並ぶわが国最大の造船・造機会社。川崎正蔵(しょうぞう)が1878年(明治11)に建設した川崎築地(つきじ)造船所がその前身である。のち川崎兵庫造船所が設立され、また1886年に官営兵庫造船所の借用が許可されて、ここに川崎兵庫造船所を移転合併して川崎造船所が誕生した。続いて川崎築地造船所も神戸に移転し、翌1887年に官営兵庫造船所の払下げが確定して基礎が固まった。そして1896年には従業員約1800人の株式会社に改組された。
 同社は創業まもないころから造船奨励法(1896年施行)に呼応し、同法適格第一号船伊予(いよ)丸や民間初の潜水艦などを建造した。明治末年には欧米から蒸気タービンなどを技術導入し、また車両部門にも乗り出した。
 第一次世界大戦期には、ストック・ボート(需要増に対処するための見込み生産による在庫船)の建造を基礎に、飛躍的発展を遂げた。艦艇の建造高も増大した。加えて1916年(大正5)には兵庫工場を拡張して鋼材の自給体制を整え始め、また1918年には航空機、自動車の2部門を設置した。
 戦後恐慌期は、多角経営を行い、また、ワシントン軍縮下ではあったが海軍からの非制限艦の発注があり、恐慌の甚大な影響からは免れた。しかし、1927年(昭和2)の金融恐慌で主要取引銀行の十五銀行が休業したこと、および1930年の金解禁によって、経営は破綻(はたん)し、大量の人員を整理するに至った。
 しかし、1931年の金輸出再禁止と翌年から実施された船舶改善助成施設は、再生の契機となった。そして軍需景気の波に乗り、1937年に航空機部門を分離(川崎航空機株式会社の設立)したのち、1939年、資本金を2億円に増額し、社名を川崎重工業株式会社と改称した。(書籍版 1985年)[御園謙吉]
『川崎重工業株式会社社史編さん室編・刊『川崎重工業株式会社社史』(1959)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

川崎造船所
かわさきぞうせんじょ
明治時代以来,長崎造船所と並ぶ代表的造船所
加賀藩の設立した七尾工場に始まり,のち工場の機械兵庫に移し加州製鉄所と称し小蒸気船を製造した。1872年工部省に移管。'86年川崎正蔵に貸与翌年払い下げられ川崎造船所となった。1939年川崎重工業と改称し,今日に至る。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎造船所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川崎造船所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation