@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川崎重工業【かわさきじゅうこうぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川崎重工業
かわさきじゅうこうぎょう
船舶,車両航空機などの総合機械メーカー。 1878年川崎築地造船所として発足。 96年株式会社に改組して川崎造船所設立。 1919年川崎汽船を設立,28年車両部門を分離して川崎車両,37年航空機部門を分離して川崎航空機工業を設立,39年現社名に変更。 50年製鉄部門を第二会社として分離し川崎製鉄,59年電機部門を分離して川崎電機製造を設立。 66年横山工業,69年川崎航空機工業,川崎車両,72年汽車製造を合併防衛鉄道車両二輪車に加え,新分野として工業用ロボット「川崎ユニメート」を開発製造するほか,環境プラントも急成長している。売上構成比は,船舶 12%,車両6%,航空宇宙 23%,機械・環境・EP15%,産機・鉄構 16%,汎用機 29%。年間売上高1兆 2021億 8800万円 (連結。うち輸出 40%) ,資本金 814億 2600万円,従業員数1万 5819名 (1999) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

川崎重工業
本社・神戸市中央区。1878年に東京で川崎築地造船所として創業し、造船のほか、鉄道車両なども手がける総合輸送機器メーカー。二輪車ではカワサキの名は世界で知られている。2013年3月期の連結売上高は1兆2888億円で、造船・重機業界では三菱重工業に次ぐ2位。従業員数は約3万3千人。
(2013-06-14 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

川崎重工業
1878年、川崎築地造船所として創業。造船、航空機、鉄道車両、発電設備などを幅広く手がける。「カワサキ」ブランドのオートバイは、世界で知られている。2017年3月期の売上高は1兆5188億円で、従業員は約3万5千人。 問題が起きた鉄道車両を含む「車両事業」の売上高は1371億円。JR西日本の新幹線「N700系」は07年から手がける。現在国内最高の時速320キロで走るJR東日本の東北新幹線「E5系」なども製造している。
(2018-03-01 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本の企業がわかる事典2014-2015

川崎重工業
正式社名「川崎重工業株式会社」。英文社名「Kawasaki Heavy Industries, Ltd.」。輸送用機器製造業。明治11年(1878)「川崎築地造船所」創業。同29年(1896)「株式会社川崎造船所」設立。昭和14年(1939)現在の社名に変更。本社は神戸市中央区東川崎町。東京本社は東京都港区浜松町。総合重機会社。陸海空の輸送機を手がける。中大型2輪車・鉄道車両・航空機などに実績。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード7012。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎重工業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川崎重工業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation