@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川床【カワドコ】

デジタル大辞泉

かわ‐どこ〔かは‐〕【川床/河床】
川の流れる所の地盤。川底となる地面。河床(かしょう)。
かわゆか」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわ‐ゆか〔かは‐〕【川床】
納涼のため川の流れに張り出して設けた桟敷。多く、京都四条近辺の河原に設けるものをいう。かわどこ。ゆか。納涼床 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわ‐ゆか かは‥【川床】
〘名〙 納涼のために料理屋などの座敷から川面へつき出すようにして設けられた桟敷(さじき)。特に京都四条河原のものが有名。ゆかすずみ。すずみゆか。かわどこ。《季・夏》
※俳諧・千鳥掛(1712)下「川床や片尻かけて旅まくら〈知足〉 咄す間残せ鐘のみじか夜〈如泉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川床」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川床の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation