@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川村純義【かわむらすみよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川村純義
かわむらすみよし
[生]天保7(1836).11.11.
[没]1904.8.12.
明治政府の参議兼海軍卿海軍大将伯爵。のち枢密顧問官。鹿児島藩士の家に生れる。西南の役征討に参軍

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かわむら‐すみよし〔かはむら‐〕【川村純義】
[1836~1904]軍人。海軍大将。鹿児島の生まれ。戊辰(ぼしん)戦争西南戦争で活躍。日本海軍の創設者の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

川村純義 かわむら-すみよし
1836-1904 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)7年11月11日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では各地に転戦。兵部大丞,海軍少輔をへて明治7年中将,海軍大輔にすすむ。西南戦争に従軍後の11年勝海舟の後任の海軍卿となり,薩摩勢力を海軍部内にのばした。枢密顧問官。大将。明治37年8月12日死去。69歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

かわむらすみよし【川村純義】
1836~1904 軍人。海軍大将。薩摩藩士。戊辰ぼしん戦争に従軍。海軍卿として海軍拡張計画を立案・実施。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわむら‐すみよし【川村純義】
海軍大将。伯爵。鹿児島県出身。西南戦争に征討軍として参加。海軍卿となり、各鎮守府の設置に努める。のち宮中顧問官、枢密顧問官。天保七~明治三七年(一八三六‐一九〇四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川村純義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川村純義の関連情報

関連キーワード

ビュヒナー(Karl Georg Büchner)郡内騒動ショパンディケンズ天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation