@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川越城【かわごえじょう】

日本の城がわかる事典

かわごえじょう【川越城/河越城】
埼玉県川越市にあった平山城(ひらやまじろ)。江戸時代にほ川越藩の藩庁が置かれた。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。関東七名城の一つ。1457年(長禄1)、同城は古河公方足利氏に対する備えとして、扇谷上杉氏の重臣太田道真・太田道灌父子により築かれた。以降、扇谷上杉氏の主要な城の一つとなったが、1537年(天文6)に北条氏綱が攻略し、北条氏の武蔵国支配の拠点となった。1546年(天文15)には、関東管領の山内上杉氏(上杉憲政)、扇谷上杉氏(上杉朝定)、古河公方(足利晴氏)の連合軍が同城奪還の軍旅を催し、これがきっかけで日本三大合戦の一つとされる河越夜戦が起こった。この戦いに勝利した北条氏の武蔵国支配は確立し、同城は1590年(天正18)の豊臣秀吉の北条氏攻め(小田原の役)まで北条氏の主城の一つとなった。小田原の役では豊臣方の前田利家の軍勢に攻められ落城。徳川家康が関東に入部すると、譜代家臣の酒井重忠が1万石で入城し、川越藩が成立した。城主は酒井氏、堀田氏、大河内松平氏、柳沢氏、秋元氏、越前松平氏、松井松平氏とめまぐるしく変わり、明治維新を迎えた。小江戸と呼ばれる川越の城下町が成立したのも江戸時代のことである。維新後の1870年(明治3)ごろから同城の解体が進んだ。今日、かつての城域のほとんどは市街地になっているため、城の遺構や縄張りを示す痕跡はほとんど失われているが、本丸跡には1848年(嘉永1)に建設された本丸御殿の一部が現存している。二の丸跡は川越市立博物館、川越市立美術館になっており、川越高校近くには富士見櫓(ふじみやぐら)跡(同県指定史跡)がある。東武東上線・JR川越線川越駅、西武新宿線本川越駅からバスで市役所前下車、徒歩約5分。◇初雁城、霧隠城とも呼ばれる。「河越城」とも記される(中世の城郭は河越城、近世の城郭は川越城と区別する場合もある)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かわごえ‐じょう〔かはごえジヤウ〕【川越城】
川越市にあった城。長禄元年(1457)太田道真・道灌(どうかん)父子の築城と伝えられる。江戸時代、酒井・堀田・松平氏らの居城。本丸表御殿の一部が現存。初雁城。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かわごえじょう【川越城】
埼玉県川越市にある平城。1457年太田道真の築城。扇谷上杉家の本拠。のち北条家の持ち城となり、江戸時代には代々徳川家譜代の重臣が配置された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

川越城
(埼玉県川越市)
日本100名城」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川越城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川越城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation