@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

川辺【かわなべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川辺
かわなべ
鹿児島県南西部,南九州市北西部の旧町域。薩摩半島南部の火山灰台地にある。 1923年町制。 1956年勝目村と合体。 2007年頴娃町,知覧町の2町と合体して南九州市となった。古代中期から平家の一族川辺氏が支配。仏教文化が花開き,清水磨崖仏 (きよみずまがいぶつ) や宝光院跡が残る。のち島津氏の統治下に入り,地頭が置かれた。台地内の低地では米作,台地ではサツマイモ,チャ (茶) などを栽培。丘陵ではスギ,マツ,ヒノキを植林デンプン製茶製材などの工業が行なわれる。特に仏壇の製造が多い。肉牛ブタ,ニワトリの飼育も盛ん。知覧街道沿いにある小野滝の付近には多数の甌穴 (おうけつ) があり蟹ヶ地獄 (かにがじごく) といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川辺
かわべ
和歌山県中西部,日高川町西部の旧町域。日高川の中流域にある。 1955年丹生村,矢田村,早蘇村の3村が合体して町制。 2005年中津村,美山村と合体して日高川町となった。県下有数のナツミカンの産地で,ジュース工場がある。林業も行なわれる。中心集落の鐘巻にある道成寺は,大宝1 (701) 年紀道成 (きのみちなり) の建立といわれ,本尊の千手観音立像と菩薩立像はいずれも国宝に指定されている。安珍と清姫の一連の縁起物語「道成寺物」でも知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かわ‐べ〔かは‐〕【川辺】
《古くは「かわへ」とも》川のほとり。川べり。川ばた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

川辺
正式社名「川辺株式会社」。英文社名「T.KAWABE&CO., LTD.」。卸売業。大正12年(1923)前身の「川辺富造商店」創業。昭和17年(1942)株式会社化。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は東京都新宿区四谷。服飾雑貨専門商社。主力ハンカチーフ。ほかにスカーフ・タオルなど。百貨店向け輸入有名ブランド中心。JASDAQ上場。証券コード8123。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわなべ かはなべ【川辺】
鹿児島県、薩摩半島の南西部の郡。東シナ海に面する。かつては、枕崎・加世田両市域も含んでいた。
[補注]古くは「かわのべ」ともいい、河野辺とも書いた。「二十巻本和名抄‐五」には「薩摩国 〈略〉河辺〈加波乃倍〉」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川辺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川辺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation