@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巡洋戦艦【じゅんようせんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

巡洋戦艦
じゅんようせんかん
battle cruiser
20世紀初めに登場した軍艦の艦種。 1908年イギリス海軍がドレッドノート戦艦に次いで建造したインビンシブル型3隻は,速力 25knと従来装甲巡洋艦をまったく凌駕し,主砲力 (6門) もドレッドノート級前戦艦に比べはるかに強大となり,これを巡洋戦艦と呼称した。日本でも金剛型4隻を起工し,その第1艦『金剛』を技術輸入の目的でイギリスに発注。この4隻は 13~15年に完成し,当時世界で最強の巡洋戦艦戦隊を編成した。その後高速戦艦の出現によって,建造されなくなり,第2次世界大戦以後は姿を消した。しかし,ソ連が 80年に就役させたキーロフ級原子力巡洋艦は基準排水量が2万 2000tもあり,イギリスの『ジェーン海軍年鑑』は同艦を巡洋戦艦と呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅんよう‐せんかん〔ジユンヤウ‐〕【巡洋戦艦】
軍艦の一。防御力では戦艦に劣るが、攻撃力はほぼ等しく速力ははるかに速い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅんようせんかん【巡洋戦艦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅんようせんかん【巡洋戦艦】
軍艦の一。巡洋艦の運動力と戦艦の砲力を備えた軍艦。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅんよう‐せんかん ジュンヤウ‥【巡洋戦艦】
〘名〙 高速巡洋艦の速力と戦艦なみの大口径主砲とをもち、強大な攻撃力と軽快な運動性をもつ軍艦。昭和六年(一九三一)艦船令の改正に伴い、戦艦に含められた。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巡洋戦艦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巡洋戦艦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation