@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巡航【じゅんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

巡航
じゅんこう
cruising
船舶や航空機が普通の速度で継続して航海したり飛行したりすること。燃料消費が最も少ない状態での航海または飛行をいう場合もある。このような定常的な状態での飛行速度を巡航速度といい,この速度で飛行できる距離を航距離という。輸送機や旅客機では巡航距離が長いほど有利だが,その距離は飛行高度によって異なるため,航空機は最も効率のよい高度を選んで飛行する。特に旅客機が長距離国際線を飛ぶような場合は,燃料が減るにつれて高度を上げ,飛行距離が伸びるようにして長距離巡航を行なう。他方,目的地までの所要時間を減らしたい場合は,燃料消費をあまり考慮せず,一定の速度を維持する高速巡航を行なう。 (→亜成層圏飛行 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅん‐こう〔‐カウ〕【巡航】
[名](スル)
船舶などがあちこちを回ること。「瀬戸内の島々を巡航する」「巡航船」
ある二地点間の飛行で、一定の高度と速度を維持しながら飛行を継続している状態。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん‐こう ‥カウ【巡航】
〘名〙 船であちこちをめぐること。各地を航海してまわること。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「此の近海を巡航する斯国の艦隊に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巡航」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巡航の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation