@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巣窟【ソウクツ】

デジタル大辞泉

そう‐くつ〔サウ‐〕【巣窟】
居住する場所。すみか。
「舟子漁夫の―と為り」〈服部誠一・東京新繁昌記〉
悪党のすみか。悪人のかくれが。「麻薬密売人の巣窟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうくつ【巣窟】
盗賊や悪人などが集まってかくれ住んでいる所。 暴力団の-
すみかとしている所。 北極氷海の抹香鯨スパアムの-を知り気に/露団々 露伴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐くつ サウ‥【巣窟】
〘名〙
① (「樹上の住居と、いわやの住居」の意から) 生活のよりどころとしてすむ所。
※菅家文草(900頃)九・律文所禁、可試問否事「今之学者、動設巣窟、不独安一レ己、将又窺一レ人」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「舟子漁夫の巣窟と為り」 〔魏志‐陳留王奐伝〕
② 敵対する者、盗賊、悪党などの住んでいる所。隠れてひそかに住む所。かくれが。
※日本外史(1827)二「束手帰降、掃其巣窟、収之県官
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「強賊の巣窟(ソウクツ)なりける洞崛のさまを記すに」 〔晉書‐宣帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巣窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巣窟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation