@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

工業所有権【こうぎょうしょゆうけん、こうぎょうしょゆけん】

デジタル大辞泉

こうぎょう‐しょゆうけん〔コウゲフシヨイウケン〕【工業所有権】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうぎょうしょゆうけん【工業所有権 industrial property】
新規な産業上の創作と営業上の標識に関する権利の総称。著作権と合わせて無体財産権と呼ばれる。フランス革命期以来の用語であり,日本では日英通商航海条約(1894)で工業所有権と訳されてから,この訳語が定着したが,これは誤訳に近い。なぜならindustrial(industrielle)は単に工業だけでなく,あらゆる産業の意味であるし,また権利の内容も所有権とはかなり異なるからである。このため,〈産業的財産権〉の訳語を用いる者もいるが,一般には〈工業所有権〉の語が用いられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうぎょうしょゆうけん【工業所有権】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

工業所有権
こうぎょうしょゆうけん
industrial property
産業上の一定の利益を主張しうる独占権。産業財産権ともいう。工業所有権の保護に関するパリ条約によれば,工業所有権の語は最も広義に解釈するものとし,本来の工業および商業のみならず,農業および採取産業の分野ならびに製造または天然のすべての産品についても用いられ,その保護は特許発明(→特許権),実用新案,意匠(→意匠権),商標サービスマーク商号,原産地表示または原産地名および不正競争の防止に関するものとされている。(→知的財産権

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

工業所有権
こうぎょうしょゆうけん
工業所有権とはフランス語のproprit industrielleの訳語で、公式には1894年(明治27)の日英通商航海条約の議定書のなかで用いられたのが最初である。工業所有権は産業上の知的財産権であり、その意味で、近年では産業財産権という用語が使用されるようになってきた。工業所有権という単一的な権利はなく、日本では通常、特許権、実用新案権、意匠権、商標権を総称するものとされているが、広義には、商号権や不正競争防止法に基づく権利(たとえば、コンピュータ・プログラムを使用したディスプレーの影像が同法にいう商品の表示に該当するとした判例もある)なども工業所有権に含まれる。
 工業所有権は発明など人間の精神的労働の成果および営業上の信用(グッドウィル)を保護する排他的独占権であって、民法上の所有権に性質が似ているが、客体が無形の財貨である点で、有体物を客体とする所有権とは異なるものである。工業所有権は財産権なので、使用、収益、譲渡、相続が認められ、他人が権利者に無断でこの権利を利用したときは、その行為に対し差止請求や損害賠償請求が認められるほかに、侵害罪として刑事上の制裁もある。[瀧野秀雄]

工業所有権の制度と法律

欧米各国では工業所有権をいち早く制度化し、1883年には各国における工業所有権制度の調整を図るため、内外人平等の原則、優先権制度、各国特許独立の原則をうたった「工業所有権の保護に関するパリ条約」(工業所有権保護同盟条約、パリ条約)が締結され、日本は1899年(明治32)にこの条約に加盟した。「技術に国境はない」といわれているが、導入技術を模倣や盗用から保護する工業所有権制度の確立があって初めて国際間の技術交流が盛んに行われる。日本の工業所有権制度が前記パリ条約の精神に従い健全に運営されていたことにより、第二次世界大戦の長期間にわたる技術的空白を埋める数多くの優れた外国技術の導入が円滑に進められ、自主技術の開発が促進された。このように、技術の交流、およびそれを支える工業所有権制度は、国内産業の発展、ひいては国民の福祉の向上に大きく寄与している。
 法律的には工業所有権法または産業財産権法という単一の法典はなく、狭義には特許法、実用新案法、意匠法および商標法を含めた総称であり、広義には不正競争防止法および条約をも含めた総称として用いられることがある。条約としてはいわゆるパリ条約のほか、通称PCTとよばれる特許協力条約Patent Cooperation Treaty、TRTとよばれる商標法条約Trademark Registration Treatyなどがある。[瀧野秀雄]
『瀧野文三著『最新工業所有権法』(1975・中央大学出版部) ▽特許庁編『進展する工業所有権制度』(1975・財団法人日本特許情報センター) ▽吉藤幸朔著・熊谷健一補訂『特許法概説』第13版(1998・有斐閣) ▽特許庁編『工業所有権法逐条解説』第16版(2001・発明協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうぎょう‐しょゆうけん コウゲフショイウケン【工業所有権】
〘名〙 無体財産権の一種。特許権、実用新案権、商標権、意匠権の総称。
※国民新聞‐明治三七年(1904)五月三一日「工業所有権の発達並に其の完全を図るの目的を以て、工業所有権保護協会を設立し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工業所有権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工業所有権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation