@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

工芸紙【こうげいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

工芸紙
こうげいし
美術工芸品や民芸品などに利用される紙の総称。昭和期になって再興または新作されたものが多い。日本古来の手法 (手すき) によってつくられる。原料コウゾ,ミツマタ,ガンピなどのほか木材パルプ,古紙などを併用したものもある。丈夫で独特の風合をもつ。純靭繊維を利用したものを特に日本紙などと呼ぶ。島根県の出雲岩坂紙,鳥取県の因州鳥取,富山県の八尾紙,長野県の内山紙,福井県の越前和紙,徳島県の阿波和紙,高知県の土佐和紙などが有名である。あらかじめ植物染料顔料,化学染料を使って繊維を着色してすく。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工芸紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工芸紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation