@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

工部省【こうぶしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

工部省
こうぶしょう
明治初年の政府官庁の一つ。明治3 (1870) 年閏3月設置,1885年廃止。初代工部卿伊藤博文官営工業により殖産政策を推進し,77年には鉄道鉱山灯台電信工作営繕書記会計,検査,金庫の 10局をおいた。多くのお雇い外国人技師を招き,また工学寮をおいて,日本人技師の養成にも努めた。廃止後の事務は農商務省逓信省大蔵省などに分掌された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうぶ‐しょう〔‐シヤウ〕【工部省】
明治3年(1870)工業土木・鉱山・造船・鉄道などの殖産興業を推進するために設置された中央官庁。同18年廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうぶしょう【工部省】
明治維新政府が工学の知識をひろめ,各種の工業を勧奨し発展させることを目的に,1870年(明治3)12月設置した官庁。富国殖産のために設置された省で,文明開化省とでもいうべき性格をもっていた。また伊藤博文が最も熱心でみずから工部大輔,工部卿に就任した。71年8月の官制で,省中に工学,勧工,鉱山,鉄道,土木,灯台,造船,電信,製鉄,製作の10寮と測量司がおかれた。その後,ひんぱんに寮の改廃や統合がおこなわれたが,77年1月に,それらが全廃され,新たに,書記,会計,倉庫,検査,鉱山,鉄道,灯台,電信,工作,営繕の10局が設置された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうぶしょう【工部省】
1870年(明治3)、殖産興業政策推進のため設置された政府機関。85年廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

工部省
こうぶしょう
明治初年の殖産興業政策担当の中心的な官庁。1870年(明治3)閏(うるう)10月、「百工勧奨」を目的として設置。鉱山、製鉄、造船、灯台、鉄道、電信などの諸分野の官営事業を推進し、また工学寮(のち工部大学校)を設け外国人教師(教頭はイギリス人ダイエル)を招いて近代技術の移植、技術者の養成と近代産業の育成に努めた。工部卿(きょう)としては伊藤博文(ひろぶみ)、井上馨(かおる)、山田顕義(あきよし)などが歴任。80年に官営事業を払い下げる政府方針が決定され、84年ごろから鉄道、電信などを除く工部省諸事業の払下げが開始されたが、工部省自身も85年12月の内閣制度設立の際に廃止された。[永井秀夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうぶ‐しょう ‥シャウ【工部省】
〘名〙
① 明治初期、政府の官営事業を統轄し、わが国産業の近代化を推進した官庁。明治三年(一八七〇)設置。初代工部卿は伊藤博文。民間資本の成長に伴い、同一三年ごろから官営事業の民間払い下げが行なわれたため、同一八年廃止。工部。
※太政官日誌‐明治三年(1870)閏一〇月二〇日「工部省 掌褒勧百工及管鉱山、製鉄、燈明台、鉄道、伝言機等。右之通被建置候事」
② 宮内省(くないしょう)の唐名。〔拾芥抄(13‐14C)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

工部省
こうぶしょう
1870(明治3)年,新政府が官営事業を統轄推進させるために設けた中央官庁
「百工勧奨のことを掌り兼ねて鉱山・製鉄・灯明台・鉄道・伝信機等を管す」とされた。初代工部卿は伊藤博文。官営模範工場の経営,外国人技師の招聘 (しようへい) による近代技術の移入,民間産業の育成などを行い,近代工業の発展に大きな役割を果たした。官営事業払下げの方針により,1885年廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工部省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工部省の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation