@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

工部美術学校【こうぶびじゅつがっこう】

世界大百科事典 第2版

こうぶびじゅつがっこう【工部美術学校】
1876年,絵画彫刻の技術教育を目的に工部省工学寮内に設けられた日本最初の官立美術学校。創立の経過は,まず前年4月工部卿伊藤博文から太政大臣三条実美へ画学,造家,彫刻に関する教師各1名をイタリアから招聘(しようへい)したい具申があり,5月に許可された。イタリア人教師の招聘は,当時の駐日公使アレッサンドロ・フェ伯の強い建言によっている。選考の結果,画家フォンタネージ,彫刻家ラグーザ,建築家カペレッティの3名の来日が決定,ローマで各3ヵ年の雇用契約を結び翌76年8月到着した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

工部美術学校
こうぶびじゅつがっこう
日本最初の官立の美術学校。明治政府は早くから欧米諸国の専門家を招いて各分野の指導をゆだねたが、洋風美術発展のため、1876年(明治9)工部省工学寮付属の美術学校(いわゆる工部美術学校)を設け、とりあえず虎ノ門(とらのもん)の工学寮内の旧工作局の建物を改造して、同年11月に開校した。それに先だって1875年4月に工部卿(きょう)伊藤博文(いとうひろぶみ)は、絵画、彫刻および建築を担当する3名の教師を美術の先進国から招聘(しょうへい)することになり、イタリア政府に派遣を依頼した。当時の駐日公使アレッサンドロ・フェ伯Alessandro F d'Ostiani(1825―1905)の強い進言により、画家としてフォンタネージ、彫刻家としてラグーザ、建築家としてカペレッティGiovanni Vincenzo Cappelletti(1843―1887)の来日が決定し、1876年8月に到着した。最初の入学者には小山正太郎、松岡寿(まつおかひさし)、浅井忠(あさいちゅう)、五姓田義松(ごせだよしまつ)、山本芳翠(やまもとほうすい)らがおり、女子の入学も許可した。国家財政の窮乏、社会状勢の変化により1883年に閉鎖されたが、明治初期の洋画教育、普及に貢献をした。[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

工部美術学校
こうぶびじゅつがっこう
工部大学校の前身

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工部美術学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工部美術学校の関連情報

関連キーワード

おもなお雇い外国人ルノアール(Pierre-Auguste Renoir)チャイコフスキーリットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation