@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

左沢楯山城跡【あてらざわたてやまじょうあと】

国指定史跡ガイド

あてらざわたてやまじょうあと【左沢楯山城跡】

山形県西村山郡大江町左沢にある城跡寒河江(さがえ)荘の地頭職を相伝した大江氏の一族である左沢氏によって構築された。左沢の地は最上川の流路の転換点であるなど、付近の交通の要衝だった。城域は東西480m、南北520m、八幡座と呼ばれる標高222mの小規模な曲輪(くるわ)を最頂部とする。天正年間(1573~92年)に最上氏によって攻略され、最上氏の直轄地となり、1622年(元和8)、最上氏が改易となった後、酒井氏が新たに小漆川城を築城したことにともなって城された。発掘調査の結果、15世紀後半から17世紀前葉に存続したことが確認された。2009年(平成21)、国指定史跡となった。掘立柱建物や池状遺構、段状の曲輪や切り岸、堀切りが残り、自然の沢も取り込んで城域が構築されている。遺物から、中国産・朝鮮半島産の貿易陶磁も出土した。左沢氏とその一族、伊達氏、最上氏らとの抗争を軸に展開した村山地方中世から近世にいたる動向を、この遺跡から探ることができる。現在は、楯山公園として整備されている。JR左沢線左沢駅から徒歩約30分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

左沢楯山城跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

左沢楯山城跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation