@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

左院【さいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

左院
さいん
明治4 (1871) 年7月 14日に廃藩置県が断行されたのち,同 29日の官制改革で太政官内に正院右院とともに設けられた立法上の諮問機関。 1873年以後,集議院を吸収したが,集議院がとかく藩論を代表するものとされたのに対し,左院は官選議員 (のちに議官) による「諸立法の事を議する所」であった。のちに一般立法から離れて主として憲法制定機能が重視され,また保守的な民法草案も作っている。 75年4月 14日に廃止され,元老院がこれに代った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さ‐いん〔‐ヰン〕【左院】
明治4年(1871)の官制改革で太政官内に設置された機関立法についての諮問機関で、官選の議員で構成。同8年廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいん【左院】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいん【左院】
1871年(明治4)、太政官内に置かれた立法上の諮問機関。官選議員よりなり、正院に従属して各種法案の起草に従事した。75年元老院設置により、右院とともに廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐いん ‥ヰン【左院】
〘名〙 明治四年(一八七一)太政官内に設置された立法上の諮問機関。右院とともに正院に従属。官選の議員で構成され、議長は参議の兼任、または一等議員から任命。憲法草案をはじめ、刑法、治罪法、税法、商法などの起草に従事した。同八年廃止。〔太政官三八六号‐明治四年(1871)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

左院
さいん
明治初年,太政官内の立法上の諮問機関
1871(明治4)年,廃藩置県後の太政官制改革により設置され,右院とともに正院に従属法規の制定・改正をその任務とし,憲法草案・刑法商法などの起草に着手した。'75年元老院設置により廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

左院の関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation