@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巨大都市【きょだいとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

巨大都市
きょだいとし
megalopolis
メガロポリスの訳語として生れた言葉で,通常の大都市の規模をこえて大きくなってしまった都市。産業の発達とともに政治的・経済的諸機能が過度に集中し,それに伴い人口も異常に増加し,市街地面積も極端に拡大してしまった大都市をさす。また,そのために都市行政ならびに住民の生活自体に困難が生じているという現代都市の病理的側面を内包していることを意味している。たとえば,東京などに典型的にみられるような都市住民の住宅不足,通勤・通学などの輸送上の困難,ゴミ処理や公害などの環境汚染,ニューヨークなどのような犯罪増加などの問題をかかえる都市が例としてあげられる。通常 500万人以上の人口をもつ都市をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょだいとし【巨大都市】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょだいとし【巨大都市】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

巨大都市
きょだいとし
一国の首都など、広い地域を支配する政治的、経済的、社会的な各種中枢管理機能の集積によって人口規模100万を超えて巨大化した都市(giant city)をいう。国際的な機能をも有することから「世界都市」ということもある。この人口規模はその都市の市街地のみならず、周辺近郊地域を含む大都市圏人口を意味することが多い。メトロポリスメガロポリスと類似の概念であるが、メトロポリスは巨大でなくても一国や一地域の中心としての機能を有する都市、メガロポリスはいくつかの巨大都市圏がさらに連続的につらなる巨帯都市地域をさすものとされる。巨大都市の形成は産業革命以後の急激な人口都市集中の結果であるが、20世紀以後とくに第二次世界大戦後はさらにマンモス化の進行によって、ニューヨーク、東京、ロンドン、上海(シャンハイ)、メキシコ市、サンパウロなど都市圏人口1000万を超えるものも出現した。インドのコルカタ(カルカッタ)など、開発途上国の巨大都市ではかなりのスラム人口が含まれる場合が多いことに注意すべきである。[高野史男]
『高野史男他編著『世界の大都市』上下(1979・大明堂) ▽山鹿誠次著『日本の大都市圏』(1984・大明堂) ▽阿部和俊著『先進国の都市体系研究』(1996・地人書房) ▽森川洋著『日本の都市化と都市システム』(1998・大明堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨大都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巨大都市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation