@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巨細胞【きょさいぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

巨細胞
きょさいぼう
giant cell
直径 30~80μmの大きい細胞で,炎症の際に組織反応で生じるものと,腫瘍組織に生じるものとがある。前者には,結核肉芽腫に出現するラングハンス巨細胞,異物肉芽腫に出現する異物型巨細胞,黄色細胞肉芽のトウトン型細胞などがある。ウイルス感染症では巨細胞形成が特徴であり,真菌症の肉芽腫にも巨細胞が出現する。脈なし病や側頭動脈炎では,血管弾性線維が破壊されて異物型巨細胞が出現するので,側頭動脈炎は巨細胞性動脈炎ともいわれる。腫瘍では,破骨細胞由来の骨腫瘍巨細胞腫といわれ,多核巨細胞が多数出現する。また,悪性腫瘍には巨細胞が多数出現するものがあり,巨細胞癌,巨細胞肉腫などといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

巨細胞
 巨大な細胞の通称

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょさいぼう【巨細胞 giant cell】
単に形が大きいだけの細胞を指すのではなくて,一つの細胞の中に2個以上の核をもつ多核の細胞をいう。核の数は40個にも達することがあり,1個あたりの細胞の倍数性は高い。多核巨細胞multinuclear giant cellともいう。正常にみられるものには,骨髄巨核球,破骨細胞,損傷修復時の横紋筋細胞などがある。病的なものには,ウイルス感染をうけた細胞にみられる細胞融合(ヘルペスウイルス麻疹ウイルスセンダイウイルスなど)によるもの,腫瘍に現れるもの(骨の巨細胞腫,ホジキン病のリード=スターンバーグ巨細胞,甲状腺や肺の巨細胞癌,脳腫瘍),炎症に伴してみられるマクロファージの融合によるもの(異物肉芽腫に現れる異物型巨細胞,結核症などの類上皮細胞肉芽腫のラングハンス型巨細胞,黄色腫のトウトン型巨細胞)などが挙げられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

巨細胞
きょさいぼう
原形質が豊富で巨大な細胞体をもつ細胞をいう。多くは炎症性の肉芽組織や腫瘍(しゅよう)組織の中に出現する。巨細胞の核は1個の場合もあるが、一般には多核である。この場合、単核細胞が合体して多核細胞になる場合と、核のみが分裂増数して多核細胞となる場合の2種類の方式がある。正常組織では骨髄中の破骨細胞が直径100マイクロメートルにも達する巨細胞となるが、これは、核も50個ほどになる多核巨細胞である。この場合は単核細胞の合体によっている。また、結合組織性細胞の一つとして、食作用を営む大食細胞があるが、この細胞は外来性の異物に出会うと互いに癒合して100個以上の核をもつ異物巨大細胞となる。なお、炎症時に出現する巨細胞の働きには不明な点が多い。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨細胞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巨細胞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation