@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巫山【フザン】

デジタル大辞泉

ふ‐ざん【巫山】
中国重慶市北東部の県。揚子江(ようすこう)と大寧(だいねい)合流点にある。ウーシャン。
東端にある山。揚子江が貫流して巫峡形成奇勝に富む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

巫山
ふざん / ウーシャン

中国、重慶(じゅうけい)市東部の県。長江(ちょうこう)(揚子江(ようすこう))北岸、大寧河(だいねいが)との合流点に位置する。人口63万8289(2015)。長江により四川(しせん)に入る要地で、長江はこの地方で大巴(だいは)山脈南東の巫山山脈を横切って、両岸に山が迫る峡谷巫峡(ふきょう)を形成する。この巫峡は西の瞿塘(くとう)峡、東の湖北(こほく)省の西陵(せいりょう)峡とあわせて三峡と称せられる。東の県境には、神女峰(しんじょほう)を最高峰とし、古くから詩歌や旅行記などに記され、奇勝で知られる巫山十二峰の峰々がそびえる。

 地下資源は石炭、鉄鉱石を産する。建設中の鄭渝(ていゆ)高速鉄道(鄭州(ていしゅう)―重慶)、包海高速鉄道(パオトウ―海口(かいこう))が県内を通る予定。また巫山神女峰空港が2015年に着工した。

[小野菊雄・編集部 2017年6月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐ざん【巫山】
中国四川省巫山県の東南にある山名。一二峰からなり、揚子江が貫流して巫峡をなしている。楚の懐王が夢の中で神仙女と契りを結んだという故事で知られ、麓に神女廟がある。
※懐風藻(751)詠美人〈荊助仁〉「巫山行雨下、洛浦廻雪霏」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巫山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巫山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation