@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

差異【さい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

差異
さい
differentia
ある観点からは同一である事物の間にある,互いにほかから自己を区別する関係,およびある事物がそれをもつことによってもたないものから区別されるところの徴表そのものをいう。この徴表が概念のなかにの区別を立てるとき種差という。スコラ哲学では種に基づく種的差異と同一種内の個物を互いに区別する数的 (個的) 差異を分ける。 (→類と種と種差 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さ‐い〔‐イ|‐ヰ〕【差異/差違】
他のものと異なる点。ものとものの違い。差。「両者の能力になんら―はない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃ‐い【差異】
ちがい。さい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さい【差異】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さ‐い【差異・差違
〘名〙 他のものと異なる点。他のものとのちがい。
※足利本人天眼目抄(1471‐73)「真と空との差異も見えたぞ」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「何処から価格の差違(サヰ)が出るのか見当の付かないのもあった」 〔魏志‐斉王紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃ‐い【差異・差違
〘名〙 (「しゃ」は「差」の呉音) 他のものとちがいのあること。また、そのちがい。さい。
※太平記(14C後)一四「掠上聞之条、雲泥万里之差違(シャイ)、何足言」
[補注]漢音でサイとも読んだが、「温故知新書」や「書言字考節用集‐九」などの古辞書では呉音のシャイをあげてあるので、呉音形が一般的だったと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

差異」の用語解説はコトバンクが提供しています。

差異の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation