@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

差金【サキン】

デジタル大辞泉

さ‐きん【差金】
差し引きした残りの金額差額

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さし‐がね【差(し)金】
(「指矩」とも書く)まがりがね。かねじゃく。
歌舞伎小道具の一。作り物の(ちょう)・鳥・人魂(ひとだま)などをるための黒塗りの細い竹ざお。先端に針金をつけ、これに作り物を取り付ける。
操り人形で、人形の腕や手首・指を動かすために用いる細長い棒。
3から転じて》陰で人に指図して操ること。「有力者の差し金で動く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さし‐きん【差(し)金】
内金(うちきん)。手付け金。
不足を補うために出す金。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さしがね【差金】
操(あやつ)り人形手首や指を動かすため,人形の腕の中にさし入れておく細い鉄をいう。人形の指先に糸をつけ棒にまとわせ,人形遣いが棒を操作して指を動かす。文楽の人形では左手に用いる。また,歌舞伎の小道具で,おもに小動物を動かすときに用いる棒も差金という。黒塗りの竹棒で,しなうように針金をつけ,そのさきに小道具の動物をつけて,後見(こうけん)が手に持って動かす。《鏡獅子(かがみじし)》の蝶,《関のせきのと)》のなどが例。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さ‐きん【差金】
〘名〙 ある金額から他の金額を差し引いた残りの金額。差し引きの金額。差額。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)七〇五条「其入札価額と次位の入札価額との差金を負担する義務あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さし‐きん【差金】
〘名〙
① 代金の一部として前もって支払う金。内金。手付金。差銀。さしがね。
※歌舞伎・御国入曾我中村(1825)四立「サ、だんだん差(サ)し金(キン)して残金六十両遣はせば」
② 江戸時代、錦絵の出版にあたって、絵師が彫師の代金の一部または全部を負担すること。→差し上げ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

差金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

差金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation