@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巴旦杏【ハタンキョウ】

デジタル大辞泉

はたん‐きょう〔‐キヤウ〕【×巴旦×杏】
スモモの一品種。実は大形で先がとがる。とがりすもも。牡丹杏(ぼたんきょう)。 花=春 実=夏》「ひと籃(かご)の暑さ照りけり―/竜之介
アーモンド別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

巴旦杏 (アーモンド・アメンドウ;ハタンキョウ)
学名:Prunus communis
植物。バラ科の落葉小高木,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巴旦杏 (ハタンキョウ)
植物。李の変種

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アマンド【巴旦杏】
〘名〙 (amande) =アーモンド
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉祭の夜がたり「橄欖(オリブ)、杏実(アマンド)の果樹園も」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメンドウ【巴旦杏】
〘名〙 (amendoa (単数) amendoas (複数))⸨アメンドース(複数形から)⸩
※和漢三才図会(1712)八六「巴旦杏(アメントウ)八擔杏」
② 植物「からもも(唐桃)」の異名。〔大和本草(1709)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はたん‐きょう ‥キャウ【巴旦杏】
〘名〙
① スモモの栽培品種。果実は球形で先がとがり、果皮は白粉を帯び、初め深緑色で後に紅紫色になるものと、熟後も青いものがある。果肉は黄色で甘い。とがりすもも。《季・夏》 〔物品識名(1809)〕
② 植物「アーモンド」の漢名。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巴旦杏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巴旦杏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation