@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巻き貝【まきがい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

巻き貝
まきがい
snail

軟体動物門腹足綱に属する貝のうち、殻のあるものの総称で、通常背側に螺旋(らせん)状に巻いた貝殻をもっているのでこの名でよばれる。主要なものは前鰓(ぜんさい)亜綱(海産・淡水産種が多い)と有肺亜綱(陸産種が多い)である。しかし、後鰓亜綱の多くやナメクジ類など殻をもたないものや、貝殻が笠(かさ)形をしたツタノハガイ類やカラマツガイ類なども、典型的な巻いた殻をもっていないが腹足類に分類されるため、広義には巻き貝類とみなされる。螺旋形の殻は先太りの管(螺管)が軸の周りに巻いたもので、殻頂から見て時計回りのものは右巻き、反対のものは左巻きである。巻き貝のなかには右巻きのものが圧倒的に多く、平巻き、塔形、紡錘形などさまざまな形のものがある。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻き貝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巻き貝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation