@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巻次【かんじ】

図書館情報学用語辞典

巻次
“セットもの,逐次刊行物などを構成する個々の資料に対する,番号などによる順序付け.この番号などの前後に,それを修飾する語が付されていることがある”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).具体的には,巻数(第1巻,第2巻など),および巻の順序付けを示す語(上,中,下など)がある.書誌的なまとまりをなす資料のある巻と他の巻を区別するために付けた番号などであり,『日本目録規則1987年版改訂3版』においては,回次(会議の開催回数,調査の実施回数など一連の回数の順序を示す序数)や年次(年の順序によってその順を示すもの)と同等に扱われる.なお,同目録規則では,その排列を音順とする以外にない,順序性のないものは,部編名扱いとしている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巻次の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation