@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巻線形同期機【まきせんがたどうきき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

巻線形同期機
まきせんがたどうきき
wound type synchronous machine
界磁が巻線を巻いた電磁石により構成された同期機。界磁にN極とS極の磁極をつくるため、界磁巻線には直流電流を供給する。回転子が界磁となる回転界磁形が一般的である。そのため回転する界磁巻線への電力の供給のために電気ブラシ、スリップリング(固定ブラシと組み合わせて、回転子と固定子との間を連続的に電気的に接続する導体回転リング)が必要である。大容量の同期発電機によく使われる。
 発電機の界磁の電源を電機子とは別に外部から得る場合、他励発電機とよばれる。また、電機子の発電電力を利用する場合、自励発電機とよばれる。
 ブラシなし同期発電機はブラシが不要な巻線形同期発電機である。回転子に配置される巻線界磁の電源を得るために、回転子に電源用の発電機巻線を備え、界磁巻線に電流を供給する。[森本雅之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻線形同期機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巻線形同期機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation