@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

巻頭【カントウ】

デジタル大辞泉

かん‐とう〔クワン‐〕【巻頭】
書物や巻物などの最初の部分。巻首。「巻頭を飾る論文」⇔巻末
多くの短歌や俳句を並べて載せる場合の最初の位置。ふつう最優秀作を置く。
物事初め冒頭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まきがしら【巻頭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんとう【巻頭】
古くかんどうとも
巻物・書物・雑誌などの、最初。 ⇔ 巻末 -を飾る
物事のはじめ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐とう クヮン‥【巻頭】
〘名〙 (古くは「かんどう」とも)
① 巻き物、書物、雑誌などのはじめの部分。巻首。
※井蛙抄(1362‐64頃)六「続後撰の時、巻頭にいれんとて、立春歌十首計書て」
② 歌会、歌集などで最初の歌。また、連歌、俳諧で最初の発句。普通千句の第一番目の百韻の発句。
③ 巻中で、最も優れた詩歌や句。
④ 一般的に、物のはじめ。
※浄瑠璃・津戸三郎(1689)役所尽し「えんまの帳のくんどうに訴へん」
⑤ 江戸時代、役者評判記で、位付けの一種。巻軸に相対する優秀な地位。
※評判記・役者口三味線(1699)京「役者しゅらうばはきには、竹嶋をあらためて巻頭(クンドウ)になをし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巻頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation