@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

市場の失敗【しじょうのしっぱい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

市場の失敗
しじょうのしっぱい
market failure
さまざまな財・サービスの市場において,需給が等しくなるように価格が調整されるという市場の価格メカニズムによって,資源の効率的配分が達成されないこと。具体的には,(1) 公害のような外部不経済がある場合に過大供給になる一方,公園のような外部経済が存在する場合,(2) 無料で供給される公共財が供給されない場合,(3) 情報の不確実性が存在する場合,(4) 地球環境問題のように将来世代が市場に参加できない場合,(5) 収穫逓増により自然独占が生じる場合,(6) 市場が寡占的で価格がパラメータとして機能しにくい場合,などが考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しじょうのしっぱい【市場の失敗 market failure】
原語はF.M.ベーターの1958年の論文題名によっている。市場機構はある理想的条件のもとパレート最適とよばれる望ましい資源配分を実現することが,厚生経済学の基本定理として知られている。その理想的条件が満たされず,したがって市場機構が必ずしもパレート最適を実現しないことを,狭義の市場の失敗という。市場機構が理想的所得分配を保証しないことを,広義の市場の失敗として含めることがある。以下では狭義のものだけを問題とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しじょうのしっぱい【市場の失敗】
公害や公共財の十分な供給などが、市場の自動調整作用に委ねておいたのでは解決されないこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

市場の失敗
しじょうのしっぱい
市場メカニズムが働いていても、経済的な効率的配分(パレート効率性Pareto efficiency、パレート最適)が達成されない状況をいう。近代経済学では、独占・寡占、売買する市場の不完備、買い手の知りえない商品情報を売り手がもっているなどの情報の非対称性、電力会社などの費用逓減産業の存在、ある経済主体の経済活動が他の経済主体の経済活動に対して与える外部効果などが原因となって、公害や地球温暖化などの環境破壊、商品品質の低下などの市場の失敗が起きるとしている。
 失敗を避けるため、ハービッツらは、市場が有効に機能するための仕組みや制度が必要であるとするメカニズム・デザイン理論mechanism design theoryを提唱。2007年にノーベル経済学賞を受賞した。
 失業、貧困、自殺、社会的格差などは従来、配分の公平性の問題で、市場の失敗ではないとされてきた。しかし1998年にノーベル経済学賞を受賞したセンらによって、所得分配や社会的コストに関する理論が発展し、現在では、貧困や格差などの社会問題についても市場の失敗であるとの主張が一般的になっている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場の失敗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

市場の失敗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation