@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

布告【フコク】

デジタル大辞泉

ふ‐こく【布告】
[名](スル)
広く一般に告げ知らせること。
国家の決定的意思を、国民や相手国に公式に知らせること。「宣戦を布告する」
明治19年(1886)以前に発布された法律勅令省令にあたるものの称。「太政官(だじょうかん)布告

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふこく【布告】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふ‐こく【布告】
〘名〙
① 一般に広く告げ知らせること。特に、天皇や幕府などが臣下、国民に広く告げ知らせること。
※続日本紀‐神亀四年(727)一一月己亥「新誕皇子、宜立為皇太子、布告百官、咸令知聞」 〔漢書‐高帝紀〕
② 明治時代、明治一九年(一八八六)二月の公文式制定以前に発布された法律・勅令・省令にあたるもの。太政官布告など。
※幕府御親征の詔‐明治元年(1868)二月二八日「且已に布告せし通り、外国際交も有之上は、将来之処置、尤重大に付」
③ 国家の決定的意思を公式に国民に知らせること。また、その法令や命令。政府が出す法令。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「両国戦争を布告せんとするにも至りたれども」
④ 国際法上、一国が相手国に対して開戦の通告をし、その旨を内外に知らせること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

布告の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation