@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

布袋【ほてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

布袋
ほてい
Bu-dai
[生]?
[没]貞明2(916)
中国,唐末頃の僧。明州奉化県の出身。みずから契此 (かいし) と称した。常に杖と布袋とを持歩き,人の吉凶,晴雨を予知し,弥勒菩薩の化身として尊崇された。日本では七福神の1つとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほてい【布袋】
[?~916]中国、唐末の禅僧。名は契此(かいし)。半裸で太鼓を出し、日用品を入れた袋と(つえ)を持ち、市中を歩いて吉凶や天気を占ったという。弥勒(みろく)化身ともいわれ、日本では七福神の一人とされ、また、詩画の題材とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

布袋 ほてい
中国唐末五代の禅僧。
名は契此(かいし)。吉凶の占いに長じる。おおきな腹をだし,日常品すべてをいれた布袋をかついで喜捨をもとめて放浪した。後梁(こうりょう)の貞明3年(917)に死去したという。日本では室町時代から知られるようになり,その円満な姿が画題としてこのまれ,七福神のひとりにくわえられた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほてい【布袋 Bù dài】
?‐917
中国,唐末五代の僧。名は契此,別に定応大師,長汀子ともよぶ。容貌奇異,額と腹が大きく,いわゆる布袋腹である。明州奉化県の岳林寺に名籍をもつだけで,嗣法を明かさず,居所を定めず,日常生活の道具を入れた布袋をかつぎ,杖を負うて各地に乞食し,人々が与えるものは何でも布袋に放り込んだことから,布袋の名を得た。神異の行跡が多く,分身の奇あり,一鉢千家の,孤身幾度の秋云々,その他,謎のような偈頌(げじゆ)が知られて,生前すでに弥勒の化身とみられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

布袋
ほてい

七福神の一つ。中国の明州奉化県(現、浙江(せっこう)省)出身の禅僧。腹が大きく膨れた肥大な体躯(たいく)であった。いつも大きな袋を持ち、杖(つえ)をついて市中に喜捨(きしゃ)を求め、食物その他もらい物などいっさいを袋の中に入れて歩いたという。日本には室町時代からこの奇僧のことが知られるようになり、その福徳円満な風貌(ふうぼう)と、よく子供に取り囲まれていることが多くの人の話題となり、絵画や詩文に描かれるようになった。『守貞漫稿(もりさだまんこう)』(1853序)には、布袋の土製人形を台所のかまどの上の棚に置いておく家がかなり多くみられると記してある。布袋がどうして七福神の一つとして加えられたかは明らかでない。中国の後梁(こうりょう)の貞明2年(916)に没したと伝えられ、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の垂迹(すいじゃく)(化身)ともいわれている。

[大藤時彦 2017年4月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬの‐ぶくろ【布袋】
〘名〙 布で作った袋。
※発心集(1216頃か)一「布袋(ヌノブクロ)のきたなげなるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐たい【布袋】
[1] 〘名〙 布製の袋。ぬのぶくろ。〔隋書‐食貨志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほてい【布袋】
[1] 中国、唐末の禅僧。名は契此。腹の肥えた身体に、杖を持ち、日用品をすべて入れた袋をになって町の中を歩き、吉凶や天候を占ったという。日本では七福神の一つとして親しまれる。後梁の貞明二年(九一六)に没したと伝えられる。布袋和尚。
※名語記(1275)五「ほてにてぞ侍べる覧。布袋の心歟」
[2] 〘名〙 妊娠した女。
※雑俳・軽口頓作(1709)「あきました・まったかかめが布袋どの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

布袋
〔浄瑠璃〕
ほてい
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
宝暦12.3(江戸市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布袋
(通称)
ほてい
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
色映紅葉章
初演
安永9.11(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布袋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

布袋の関連情報

関連キーワード

無空耶律阿保機耶律阿保機耶律 阿保機GNP比1%枠枕崎台風枕崎台風耶律阿保機

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation