@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【じょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


じょう
日本の雅楽用語。 (1) 楽式に関する用語。楽曲全体を一帖といい,反復して奏する場合二帖,三帖…という。各帖の長さは変らないが,旋律は同じ場合と多少異なる場合がある。唐楽において特にを伴って演奏するとき楽曲を反復することが多い。 (2) リズムに関する用語。拍節の明確でないリズム。神楽朗詠など声楽曲のリズムを説明するときに「帖の曲」のように使用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう〔デフ〕【×帖】
[名]折り本。折り手(で)本。また、屏風(びょうぶ)など折り本ふうに仕立てたもの。
[接尾]助数詞。
折り本・屏風・盾(たて)や僧の袈裟(けさ)などを数えるのに用いる。「宇治十
幕を二張りずつまとめて数えるのに用いる。「天幕五
紙・海苔(のり)などをひとまとめにして数えるのに用いる。美濃(みの)紙は48枚、半紙は20枚、ちり紙は100枚、海苔は10枚を1帖とする。
畳(じょう)」に同じ。「六間」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【帖】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ジョウ(デフ)(慣) チョウ(テフ)(漢)
〈ジョウ〉
帳面。冊子。「画帖
習字の手本。折り本。「帖子法帖墨帖
〈チョウ〉帳面。「手帖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【帖】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょう【帖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょう【帖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょう【帖】
[1]
折り本。折手本おりでほん
屛風びようぶ
接尾
助数詞。
紙や海苔のりを数えるのに用いる。美濃紙五〇枚(大正以前は四八枚)、半紙二〇枚、ちり紙一〇〇枚、海苔一〇枚で、それぞれ一帖。
たたみを数えるのに用いる。畳じよう
折り本を数えるのに用いる。 五十四-の長編
屛風や盾たてを数えるのに用いる。
幕を二張りずつ一まとめにして数えるのに用いる。
雅楽で、楽章の遍数を数えるのに用いる。 蘇合の五-/増鏡 老のなみ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

(1)帖装の本の意味で,折本と同義.(2)折本仕立の本を数える用語.(3)紙を一定の枚数にまとめて数える単位.半紙は20枚,美濃紙,奉書は48枚をそれぞれ1帖という.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう デフ【帖】
[1] 〘名〙 折本や屏風(びょうぶ)。また、一般に折本風のものをいう。
※栄花(1028‐92頃)御裳着「今の世の色紙はでうにしためる」 〔輟耕録‐巻六・評帖〕
[2] 〘接尾〙
① 折本を数えるのに用いる。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一一月一七日「古今、後撰集、拾遺集、その部どもは五てうに作りつつ」
② 屏風や楯(たて)の類を数えるのに用いる。
※延喜式(927)一七「屏風一帖。〈高五尺。画鴈并草木之類。〉骨料」
③ 幕を二張りずつ一まとめとして数えるのに用いる。張(はり)
※吾妻鏡‐文永二年(1265)三月七日「以白幕五帖、曳廻廊北軒
④ 僧の袈裟を数えるのに用いる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑤ 紙や海苔(のり)などの一定枚数を一まとめとして数えるのに用いる。半紙は二〇枚、美濃紙は五〇枚(大正一四年八月以前は四八枚)、塵紙は一〇〇枚、西洋紙は一二枚、海苔は一〇枚を一帖とする。
※朝野群載‐二・寛弘九年(1012)六月二五日「献上 御幣上紙百帖 供物長櫃 中折櫃」
⑥ 雅楽で、大曲の中にある楽章の単位の一つ。
※無名抄(1211頃)「楽の中に蘇合といふ曲ありこれをまふには五帖まで帖々をきれぎれにまひおはりて後破をまふ」
※明月記‐建久七年(1196)四月二四日「二棟東第一二間敷公卿座〈畳二帖、茵四〉」
※穴さがし心の内外(1864‐65頃)初「唐ざらさの座布団十帖」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう テフ【帖】
〘名〙 ⇒じょう(帖)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation