@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帛書【ハクショ】

デジタル大辞泉

はく‐しょ【×帛書】
絹布に書いた手紙。また、文字の書いてある絹布

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくしょ【帛書 bó shū】
中国で(布)に書かれた書をいう。紙が発明される以前の書写材料としては古くは竹や木の札(簡牘(かんとく))が多く用いられてきたが,帛もその一つであった。現存する帛書の古いものとしては,1934年に湖南省長沙市東郊の戦国墓で発見されたの帛書がある。彩色の絵入りで,宇宙秩序の神話的起源や人間の社会行動の吉凶を記した神秘的なものであるが,1973年には同じ長沙の馬王堆(まおうたい)漢墓の3号墓から帛に書かれた書籍が大量に発見された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくしょ【帛書】
絹に書かれた文字や手紙。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

帛書
はくしょ」と読む.絹布に書かれた書物.古代に紙の発明以前,書写の材料として絹が用いられるようになり,墨で描くのに筆が一般に用いられた.簡策(竹簡木簡)はかさばって重く,携帯に不便であったので,それに代わるものとして登場したが,絹布は値段が高く,書写の材料としては不適当であった.その遺品は西域地方の古墳から発見されており,1972年には,湖南省長沙の馬王堆から『戦国策』や老子のおびただしい帛書が出現した.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐しょ【帛書】
〘名〙 文字の書いてあるうすぎぬ。また、うすぎぬに書いた手紙。
※菅家文草(900頃)一・九日侍宴、同賦鴻雁来賓「帛書誰係足、黄口自衝尾」 〔漢書‐蘇武伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帛書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帛書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation