@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帝国党【ていこくとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帝国党
ていこくとう
日本の政党。 1899年7月5日,佐々友房らが国民協会を改組して第2次山県内閣の純然たる与党として結成した国家主義的な政党。政綱としては,万世一系の国体擁護軍備の充実,日本の権益伸張,経済力の充実,教育勅語中核とする国民道徳精神の発揚,社会政策の拡充,地方自治の完備,交通機関の整備の8項目を掲げていた。続く第4次伊藤内閣では反対党にまわり,問責決議案を提出するなどしたが,そのあとの第1次桂内閣ではまた与党として行動した。この間議席数は 17前後であった。 1905年 12月,大同倶楽部の結成に伴い発展的に解党

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていこくとう【帝国党】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

帝国党
ていこくとう
Reichsparteiドイツ語
正式には帝国・自由保守党といい、自由保守党とも通称される。1866年、ビスマルクのドイツ統一策に反対する保守派から分かれたビスマルク支持者の党。大農業界、重工業界、高級官僚よりなる典型的名望家政党で、勢力は大きくはなかったが、第二帝政全期を通じて体制擁護の原則にたって政府を支持し、ドイツ保守党と国民自由党との間を橋渡しする役割をもった。第一次世界大戦後に解散した。[木村靖二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝国党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帝国党の関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation